ビズノート

ビズノートは就活や転職の成功ノウハウを分かりやすく伝えるビジネスハックメディア

就活前のインターンの重要性

就活前にインターン行かないの?インターンの重要性と就活を有利に進めるための活用法

「就活が近いけどインターンに行かない」「インターンなんて、行って意味あるの?」そう考える就活を控えた学生さんは多いかもしれません。しかしインターンには参加する意味がたくさんあるのです。この記事では、インターンシップとは何なのかを解説し、インターンに参加することで面接などの選考で有利になったり、内定に直結したりする理由も説明します。
業界研究をするべき理由とそのやり方

【2021卒へ】業界研究をするべき理由とそのやり方!内定につながる効果的な方法は?

業界研究は、自己分析や企業研究と同じく就職活動において大切で必要な準備です。自分が興味がある業界をインターネットや業界研究セミナーに行くだけで終わらせてませんか?業界研究には業界地図を使うのが一番おすすめです。業界研究の具体的なやり方やコツをしっかりと紹介していきます。
就活の流れ(スケジュール)を徹底解説

2020卒生の就活の流れ(スケジュール)徹底解説!就活解禁の3月以前と以降でやるべきこと

「就活の流れやスケジュールの組み方がよくわからない…」「どの時期に何をやるべきか教えてほしい…」就活の流れを知らないばかりに動き出せず、そんな自分に不安を抱えていませんか?3月の就活解禁以前に行うべき下準備から内定に至るまでの、一連の就活の流れをきちんと把握して、就活への不安を解消しましょう。

JAC リクルートメントの評判や特徴は?登録から入社までの流れも紹介!

JAC リクルートメント(ジェイエイシー リクルートメント)は、管理職などのハイキャリアと外資系の転職に強いエージェントです。企業の応募から内定までを転職のプロがサポート。ハイキャリアと外資系の転職において実績があるため、他社ではお目にかかれない魅力的な案件に出会える可能性があります。30歳以上はもちろん40代の転職成功率が高いのも特徴。キャリアや語学力に自信がある人にオススメの転職エージェントです。今回は JAC リクルートメントの特徴や評判について紹介します。
就活はいつから始める?就活解禁の3月スタートでは遅く不利な理由

2020卒生の就活はいつから始める?就活解禁の3月スタートでは遅く不利な理由

「就活っていつから始めればいいんだろう?」、就活が近づいてきた大学生が一度は抱くであろうこの疑問。就活解禁が3月だから就活は3月から始めればいいと考える学生は多くいるのですが、実はこれは全くのウソ。このページでは、就活を3月以前から始めるべき理由と、何から始めるべきかを解説します!

リクルート転職エージェントの評判や特徴は?登録から入社までの流れも紹介!

リクルート転職エージェントでは非公開求人を含む求人を紹介し、企業への応募から内定までを転職のプロがサポートします。リクルートの魅力は豊富な案件数。非公開求人は約10万件と業界最大です。今回はリクルートエージェントの特徴やメリット・デメリット、サービスの登録方法、利用者からの評判について紹介します。

doda 転職エージェントの評判や特徴は?登録から入社までの流れも紹介!

doda転職エージェントでは非公開求人を含む求人を紹介し、企業への応募から内定までを転職のプロがサポートします。日本全国に拠点があり、どこにいてもサービスが受けられるのがdoda転職エージェントの特徴です。第二新卒や未経験の求人も豊富。今回はdoda転職エージェントの特徴や評判について紹介します。
転職回数

転職回数3回は多い!?転職回数が多い人の職務経歴書の書き方と自己PRの方法

転職回数が多いと転職に不利だと思われています。しかし、転職回数が多くても採用される人はいます。今回は、転職回数は何回から多いと思われるか、転職回数の多い人が採用されるには何をしたらよいか、転職回数の多い人が採用されるための職務経歴書の書き方や、自己PRの方法を紹介します。
転職フェア

初めての転職フェア!メリット・デメリットとおすすめの転職フェア

転職フェアは複数の企業が集まる合同説明会。会場には企業ごとのブースがあり、採用担当者や現役の社員と面談できます。転職の講演会も行われるので、転職活動に役立つ情報が得られます。参加無料、予約不要で初めての人も気軽に参加可能。おすすめはDODA、マイナビ、リクナビNEXT、@typeといった人気の転職フェアです。
面接時の逆質問対策

転職面接の逆質問対策!採用を勝ち取る逆質問集と答えるときの注意点

面接官の「何か質問はありますか?」に対して質問を返すことを逆質問といいます。逆質問では、単に気になることを聞くのではなく自己アピールを交えた質問をすると他の求職者と差がつき高評価につながります。意欲やスキル、長所など項目ごとに逆質問を考えましょう。逆質問が思いつかない人は例文を使えばカンタンに作れます。