大学中退でも就職できる?就職活動の流れと正社員として就職するコツを紹介

新卒のための就職活動

大学を中退した人は就職が厳しいと思われていますが、正社員としての就職は可能です。ポイントは、大学を中退した理由をうまく伝える、働きたい企業の条件を明確にする、相談しながら就職活動を行うの3つ。大学を中退した理由は、ありのままを伝え反省していることを伝えます。また、大学中退者は就職が厳しいことから、働きたい会社の条件に幅を持たせがちですが、どこでもいいから就職したい、という気持ちで応募すると、志望動機が曖昧なため不採用に。働きたい企業のイメージを明確にしましょう。就職活動が初めてで何から手を付けてよいかわからないという人は、就職支援サイトやサービスを利用して相談しながら行うと効率的です。

ロバート・ウォルターズの評判や特徴は?登録から入社までの流れも紹介!

転職エージェント

ロバートウォルターズは、世界28カ国の主要都市にオフィスを持つ転職エージェントで、外資系企業への転職を得意としています。日系企業とは企業風土や働き方、求められる資質などが異なる外資系企業。日系企業と同じような感覚で応募すると、なかなか採用されないということがあります。ロバートウォルターズなら、外資系企業の転職について豊富な知識を持つキャリアコンサルタントが、転職の相談から採用、採用後のフォローまでサポートしてくれます。

ニートが就職する方法!ニートにオススメの仕事や業界の探し方、就職支援サイトを紹介

転職ノウハウ
ニートが就職する方法

ニートだから就職できない、採用されない!と就職を諦めていませんか?現在いわゆるニートで職歴にブランクのある人でも就職することはできます。就職しようと決めたらまずは、朝型の生活に変えるなど生活のリズムを整えることから始めましょう。働くことに不安を感じている人は、ニートの人の就職を支援してくれる施設やサポートサイトを利用して、相談しながら就職活動を進めます。慢性的な人手不足で採用されやすい介護職や、多彩な仕事内容から選べて未経験OKの求人が多い工場勤務、需要が多いIT業界など、ニートの人でも働きやすい仕事を選ぶことも就職成功のポイントです。

Spring(アデコ)転職エージェントの評判や特徴は?登録から入社までの流れも紹介!

転職エージェント

世界60の国と地域でグローバルに展開する世界最大の総合人材サービス「アデコ」が運営するSpring転職エージェント。日本でも30年を超える事業実績があり、外資系企業や国内の優良企業の案件を豊富に取り扱っています。同じコンサルタントが求職者と企業を担当する360度式コンサルティングでアンマッチの少ない求人を紹介してもらえるほか、少人数制できめ細かなサポートが受けられると好評です。年齢や性別、職種に関わらずさまざまな人が利用しているSpring転職エージェントですが、特に外資系企業や医療系企業への転職を考えている人にオススメです。

リクナビNEXTの評判や特徴(適職診断・オファー制度)エージェントとの違いは?

転職サイト
リクナビNEXTの評判や特徴(適職診断・オファー制度)、エージェントとの違いは?

リクナビNEXTは求人数が豊富で、転職者の約8割が利用している人気の求人サイトです。トップページの求人特集では「第二新卒」や「定着率の高い会社」「会社制度の整っている会社」などのカテゴリごとに分かれており、自分の希望にあったカテゴリから求人を簡単に探すことができます。さらに、企業側からオファーがくるオファー機能を使えば転職先の選択肢が増えます。レジュメ完成度診断や適性診断など、転職に役立つコンテンツも豊富。転職を考えている人は、まずはリクナビNEXTに登録しませんか?

未経験の人が事務職に正社員として転職する方法!事務職の種類と適性とは?

転職ノウハウ
未経験の人が事務職に転職する方法

事務職は女性を中心に人気の職種です。ライバルが多く採用は難しそうですが、未経験での転職も可能です。未経験から転職するポイントは3つ。「どうしてもその企業で働きたい」ことが伝わる志望動機を作る、職種は違っても共通して役立つスキルをアピールする、ライバルに差をつけるために資格をとる。また、「事務職はラクそう」などのイメージで転職すると「思っていたのと違う」と早期退職の原因になります。事務職がどんなものか理解してから転職するのも大事なポイントです。事務職の求人は転職サイトから探すのも良いですが、転職エージェントや派遣登録を利用するのも良いでしょう。

転職できない7つの原因!あなたの転職活動がうまくいかない理由とは?

転職ノウハウ
転職できない7つの原因と転職成功のための対策方法!

転職できない理由として、準備や情報収集の不足、アンマッチ案件への応募などが考えられます。不採用が続くと「自分は社会から求められる人材ではないのでは?」と不安になるもの。ですが、転職活動を振り返り転職できない理由を見つけ、改善することで必ず転職できるようになります。また、内定をもらうまでに応募した会社の数の平均は約17社というデータもあり、転職希望者の多くはたくさんの会社に応募し不採用をもらっていることもわかります。焦らずに転職できない理由を探し、その理由を改善することが転職成功の第一歩なのです。

就活の面接対策!面接の評価基準や1次・2次・最終面接で見られているポイントを解説

新卒のための就職活動
面接対策決定版!面接の評価基準や1次・2次・最終面接で見られているポイントを解説

就活では面接を避けては通れません。しかし、見ず知らずの社会人と話すことに苦手意識を持っていて、「面接対策してないし、通過できる気がしない…」「どうやって対策すれば良いんだろう…」「面接対策する意味あるの?」と悩んでいる学生さんは多いでしょう。この記事では、面接に不安を感じている皆さんに向けて、面接の評価基準、1次面接、2次面接、最終面接、GD(グループディスカッション)面接の特徴と特に見られているポイント、そして具体的な面接対策方法について説明します。

転職エージェントの賢い使い方!オススメの転職エージェントと使った方がいい人の特徴

転職エージェント

転職希望者の相談から再就職、再就職後のフォローまでを無料でサポートしてくれる転職エージェント。転職成功の秘訣は、転職の理由を明確にし今後のキャリアプランを立てることですが、転職エージェントなら転職のプロから客観的なアドバイスがもらえます。このほか、応募書類の書き方がわからない、面接が苦手などの悩みにも対応。面接日程の調整など応募企業とのやり取りも転職エージェントが行うので、転職が初めての人や仕事をしながら転職活動をする人、絶対に転職失敗したくない人などにオススメです。今回は、転職エージェントの使い方と使ったほうがいい人の特徴を紹介します。

30代の転職術!転職に失敗しない方法を30代前半と後半に分けて徹底解説

転職ノウハウ
30代の転職術

30代前半の転職はそれほど厳しくありませんが、30代後半では個人の能力によって転職活動の難易度は変わります。30代で年相応のスキルや資格がない人は転職をせず現在の会社でスキルアップを目指すほうがよいでしょう。30代の転職は、男性も女性もスキルが重要視されることからキャリアの棚卸を徹底的に行うこと、求人が少ないことから条件に優先順位をつけることが転職成功のポイント。また未経験の転職は難しいですが、アピール次第で転職は可能です。

ページの先頭へ