就活が有利になる資格10選

就職活動の準備と聞いたとき、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

自己分析や業界研究、面接対策などが考えられますが、それ以外では「資格の取得」と答える人も多いでしょう。

「私は運転免許以外、何の資格も持っていないんだけどどうしよう…」

「資格を取得して就活を有利に進めたい!就活が有利になる資格を教えてほしい!」

「自分は資格を持っているから、就活も楽勝だぜ!ヒャッハー!」

就活が迫るにつれて、資格を持っていない人は不安を感じてしまい、資格をたくさん持っている人は「自分は勝ち組だ」と思い込んでしまうかもしれませんね。

ここで、不安を感じている人には良いお知らせ、自信に満ち溢れている人には悪いお知らせがあります。

就職活動において、資格はあってもなくてもほとんど関係ありません。

ただ、持っている資格の種類や志望する業界によっては、もちろん有利に働くことがあるのは確かです。

ここで今回は、就活を進める上で有利になる資格10個を解説します。

「資格」を重視している企業は、わずか8.3%

冒頭部分で「就職活動において、資格はあってもなくてもほとんど関係ありません!」と述べましたが、これだけ聞いても、にわかには信じられない人が多いかもしれませんね。

そこで、「企業はいかに学生が持っている資格に関心がないか」を定量的に示してから、その理由を詳しく説明していきたいと思います。

まずは、株式会社リクルートキャリアが「就職白書2018」で公表した、こちらのデータをご覧ください。

就職白書

※参照)就職白書2018

左側は「企業が採用基準で重視する項目」、右側は「学生が面接等でアピールする項目」を表しています。

ここで、左側の項目を上から順に見ていくと、「取得資格」は全体の16番目で、それを重視する企業の割合も、わずか8.3%にとどまるということがわかりました。

採用基準で最も重視される項目である、「人柄」の割合が92.1%であることから、「企業が学生の持っている資格に興味を持つ確率は、学生の人柄に興味を持つ確率の10分の1以下」と言うことができます。

つまり、学生が資格を持っているかどうかは、企業にとってはあまり関心がないわけです。

企業が「資格」を重視しない理由

それでは、なぜ企業は「学生が持っている資格」を重視しないのでしょうか。

その答えは、「新卒一括採用」という日本の採用システムにあります。

新卒一括採用では、実務経験がない学生たちが採用の対象となっていますが、彼らに求められるのは、「現段階での専門知識」というより、「今後40年間働き続けてくれるような熱意」、「今後活躍してくれるであろう可能性(ポテンシャル)」です。

つまり企業は、「新卒で採用した学生が即戦力として活躍してくれる」とはハナから期待しておらず、「数年後に芽が出始めればいいや」と考えて採用を行っているわけです。

ポテンシャルを見こんで新卒を大量に採用し、資格や実務経験を見て即戦力を中途採用で補うというのが基本的な考え方であるため、新卒には資格の有無はほとんど問われません。

就活で有利になる資格10選

とはいえ、学生が取得している資格は、就職活動の上で何の役にも立たないというわけではありません。

その資格を取得するのが難しければ難しいほど、「忍耐力があり、努力できる人間である」ことを示すことができますし、取得した資格が志望業界と関係あるものならば、「業界への興味・関心」をアピールすることが可能です。

また、8.3%の企業が「取得資格」を重視していることから、就活で有利になる資格も、もちろんあるということがわかります。

そこで、ここからは就活で有利になる資格10選を紹介します。

1. TOEIC

  • オススメ度:★★★
  • 対象:全就活生(文系・理系問わず)
  • 評価される基準:730点以上

最初にご紹介するのは、皆さんご存知のTOEICです。

TOEICとは、「Test of English for International Communication」の略語で、アメリカの非営利団体ETSによって開発された、英語コミュニケーション能力を測定するためのテストのことを指します。

得点は5点刻みで算出され、最低点は10点、最高点は990点です。

さて、このTOEICの点数が高ければ高いほど、就活において有利になるわけですが、その理由は「グローバル社会への変遷」です。

現在、少子高齢化によって日本国内のマーケットが縮小していることもあり、どの業界も工場や拠点を海外に移し、積極的な海外進出を進めています。

そのため、グローバルに活躍できる人材を求める企業は多いのです。

また、入社後にもTOEICの受験を課して、規定の点数を超えられない社員は昇進させないという企業もある(将来のキャリアプランにも影響する)ため、我々日本人とTOEICの関係は、切っても切り離せなくなっています。

資格の欄に書ける点数は600点以上、730点以上であれば高評価!

さて、TOEICで高得点を取ることで、就職活動が有利になるということを説明してきましたが、それでは有利になるラインは一体どれくらいなのでしょうか。

業界や企業によって変わってきますが、730点以上であれば有利になると一般的に言われています。

ただ、英語を頻繁に使う部署や商社などの業界を志望する場合は、800点以上の点数を取得しておくことが理想です。

また、TOEICを受けたからといって、どんな結果であってもESや履歴書に書いてもいいというわけではありません。

あまりにも点数が低すぎると、「この学生は英語力が低い」「要領が悪いのかな?」という悪いイメージを持たれてしまいます。

そのため、ESや履歴書に書くために、最低限600点は取っておきましょう。

新山 保

TOEICの点数が600点未満の場合、その点数はESや履歴書に書かないほうが良いかもしれません…

TOEICはいつまでに受けたほうが良い?

「就活を有利に進めるためにTOEICを受けたほうが良いと言うけど、いつまでに受けたほうが良いんだろう」と悩んでいる人がいるかもしれません。

そんな人は、ぜひ「就活解禁日の1ヶ月前」までに受けてください。

なぜなら、TOEICのスコアが自宅に郵送されるまで約1ヶ月かかるため、就活解禁まで1ヶ月を切った段階でTOEICを受験したとしても、そのスコアをESに書くことができないからです。

また、就活と並行してTOEICの勉強をしようと考える人がいるかもしれませんが、この戦略もよろしくありません。

なぜなら、就活解禁以降は、説明会、ES提出、適性検査の受検、面接とやることが多く、TOEICを勉強するための時間を十分に取ることができないからです。

そのため、優れたスコアをESに記入して就活を有利に進めたいという人は、必ず「就活解禁日の1ヶ月前」までに受けるようにしましょう。

例として、2018年のTOEIC受験日をご覧ください。

試験回 試験日 申込期間 結果発送日
第233回 2018年9月9日 2018年6月22日~7月24日 2018年10月9日
第234回 2018年10月28日 2018年7月27日~8月28日 2018年11月27日
第235回 2018年11月18日 2018年8月31日~10月9日 2018年12月18日
第236回 2018年12月9日 2018年10月12日~10月30日 2019年1月8日
第237回 2018年1月13日 2018年11月2日~12月11日 2019年2月12日
第238回 2018年3月10日 2018年12月14日~2019年1月29日 2019年4月9日

「2019年3月から就活が始まるんだけど、TOEICで高得点をとって就活を有利に進めたい!」と考えている人は、3月のES提出ラッシュに間に合わせるため、必ず第237回までに受験しましょう。

また、繰り返しにはなりますが、資格を持っているからと言って内定確約というわけではないので、TOEIC990点(満点)であっても、自己PRや志望動機がボロボロだった場合、ESや面接でボロボロ落ちます。

「TOEICで高得点を取れたから就活は楽勝!」と思わずに、謙虚にその他の対策に取り組んでください。

TOEICについて詳しく知りたい場合はこちら

2. 難関国家資格

  • オススメ度:★★★
    (取得した資格に関係した仕事を希望する人のみ)
  • 対象:その資格を使った仕事をしたい学生
  • 評価される基準:-

公認会計士、司法書士などの難関国家資格は、他の資格と比べても資格取得のために段違いの勉強量が必要なので、その資格を持っているというだけで、「勉強熱心だ」「即戦力」と高い評価を受けることができます。

ただ、1点注意していただきたいのが、「取得した資格と全く関係のない業界を受けた場合に、ネガティブな評価を受けるかもしれない」ということ。

この場合、「どうせ入社したとしても将来独立するんでしょ」と企業から思われてしまい、せっかく頑張って取得した資格が、かえって足かせになってしまうかもしれません。

そのため、資格と関連した業界、職種を目指している場合は一生懸命勉強すべきですが、資格と何ら関係のない民間企業の就活を有利に進めるために、難関国家資格の勉強をするメリットは、ほとんどないと言っていいでしょう。

3. TOEFL iBT

  • オススメ度:★★
  • 対象:全就活生(特に、留学を志望するなど海外志向の強い人)
  • 評価される基準:80点以上

TOEFLとは、「Test Of English as a Foreign Language」の略語で、こちらもTOEICと同じくアメリカの非営利団体ETSによって開発された、英語コミュニケーション能力を測定するテスト(iBTはその中でも、PCを使って受験するテスト)です。

先述のように、日系大手企業であっても海外展開を急速に進めているため、TOEFL iBTのスコアを提出して、グローバルに活躍できる人材であることを示すことで、就活を有利に進めることができます。

また、TOEIC600点をTOEFL に換算すると約70点、TOEIC730点をTOEFLに換算すると約80点という説があるので、履歴書に書けるかどうかの基準は70点以上、高評価を受ける基準は80点以上と言えるでしょう。

TOEICとTOEFLの違い

さて、TOEICとTOEFLはどちらも同じ団体によって開発された英語の試験ですが、以下のような違いがあります。

  • 測定される技能の数
    TOEICはリスニング(L)リーディング(R)だけですが、TOEFLはリスニング、リーディング、ライティング(W)、スピーキング(S)の4つの技能を測定されます。
    そのため、TOEICは990点満点(LとRそれぞれ495点)、TOEFLは120点満点(L、R、W、Sが30点ずつ)です。
  • 出題範囲
    TOEICは日常生活やビジネスの場面から問題が出題されますが、TOEFLはそれに加えて人文科学、自然科学などのアカデミックな文章も出るため、出題範囲が多岐にわたります。
    そのため、TOEICと比べてTOEFLのほうが難易度は高いです。
  • 受験者の目的
    TOEICは就活、昇進のために受験する人が多く、TOEFLは海外留学のために受験する人が多いです。
    TOEFLを海外留学の入学基準として提示している大学が多いため、このようなすみ分けがなされています。
大谷 翔太

同じ団体によって開発されたテストなのに、かなり違いがありますね。

就活にはTOEICのほうがオススメ

さて、TOEICとTOEFLには以上のような違いがあることがわかりましたが、就活のときにスコアを持っていると有利になるのは、どちらでしょうか。

結論から言うと、TOEICのほうが有利になります。

なぜなら、TOEICの方がTOEFLよりも日本での知名度が高いため、「TOEFL iBTの点数は90点です!」よりも、「TOEIC800点です!」の方が、面接官により優秀さが伝わって、高評価を受けられるからです。

先述のように、TOEICはTOEFLよりも点数を取りやすいため、TOEICとTOEFLのどちらを受験するかで迷っている人は、TOEICをまず受けてみましょう。

ただ、世界的に広く利用されているのはTOEICよりもTOEFLなので、海外留学などを考えている海外志向の強い方は、TOEFLも受けると良いと思います。

TOEFLの試験日程

インターネット版のTOEFL iBTテストは、各国公認のテストセンターで、なんと年間50回以上も実施されています。

受験可能なテストセンターと試験日時を確認する場合は、TOEFLの公式サイトを参考にしてください。

TOEFLについて詳しく知りたい場合はこちら

4. 日商簿記

  • オススメ度:★★
  • 対象:全就活生(特に、金融業界、経理・財務志望の学生)
  • 評価される基準:2級以上

続いては、日商簿記(日本商工会議所主催簿記検定試験)です。

「簿記」という名称が一般的に使われているため、こちらのほうが聞き馴染みがあるかもしれませんね。

簿記とは、企業活動を財務諸表という形で記録し、お金の流れから企業活動を把握するという学問です。

そのため、経理や財務などの専門的な職種につきたいと考えている人は、簿記の資格を持っていると有利になるかもしれません。

履歴書に書けるのは簿記2級から!

さて、簿記には1級、2級、3級、初級、原価計算初級という5つの等級がありますが、履歴書に書くことが出来るのは、何級からなのでしょうか。

その答えは、2級からです。

なぜなら、2級より下の等級の試験は比較的易しく、50~100時間程度の勉強で合格できてしまうので、そこまで高い評価を受けられないからです。

そのため、簿記を就活でアピールしたいときは、2級以上を取得するようにしましょう。

簿記の試験日程

簿記の試験は、年に3回(6月、11月、2月)実施されています。

例として、2018年度の試験日程を挙げるので、参考にしてください。

試験回 等級 試験日
第150回 1級・2級・3級 2018年11月18日
第151回 2級・3級 2019年2月24日

2019年の3月から始まる就活で簿記をアピールしたい人は、それに間に合うように、第150回を受けるようにしましょう。

また、受験申込日時や合否発表日時は、一部地域で日程が異なる場合があるので、必ず受験希望地の商工会議所にご確認ください。

簿記初級と原価計算初級はネット試験で行われるので、受験日時はネット試験会場にお問い合わせするようにお願いします。

簿記について詳しく知りたい場合はこちら

5. MOS

  • オススメ度:★★
  • 対象:全就活生(特に、募集要項でWordやExcelのスキルが求められている人)
  • 評価される基準:-

MOSは、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」という資格の略語で、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの計5科目の活用能力を認定する資格のことです。

現代では、仕事でWordやExcelを使うことは当たり前のことになっているので、入社後にそれらのソフトウェアを使えないと、たちまち業務に支障をきたしてしまいます。

そこで、MOSの資格を持っていれば、企業に「自分は実践的なパソコンスキルを身に着けている」というアピールをすることができ、就活で有利になる可能性があります。

MOSの試験日程

MOSには、全国の会場で一斉に試験が実施される「全国一斉試験」(毎月1回~2回実施)と、各試験会場が設定した日時で受験することが出来る「随時試験」という2つの試験方式があります。

前者は試験日の1ヶ月~1ヶ月半前から申し込みが始まり(インターネット申し込みと郵送申し込みがあります)、後者は試験会場ごとに申し込み方法、申し込み期間が異なるので、随時試験で受験する人は、必ず希望する試験会場に問い合わせるようにしてください。

MOSについて詳しく知りたい場合はこちら

6. ITパスポート

  • オススメ度:★
  • 対象:全就活生(特に、IT業界志望の学生)
  • 評価される基準:-

ITパスポート(通称Iパス)は、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格で、IT系の試験の中で最も基礎的なものと言われています。

私たちの生活とITが密接に関わり合っている現代では、ITに関する知識を持った人材へのニーズは急速に高まっているため、この資格を保有していることは大きなアピールになるでしょう。

ITパスポートの試験日程

ITパスポートの試験は、公式HPから申し込むことができます。

受験会場を選択すると、申し込み開始日から3ヶ月後までの試験日がカレンダー表示されるため、希望日を選択するようにしてください。

ITパスポートはIT業界の就活に使えない?

「IT」という単語が入っていることから、「ITパスポートを持っていれば、IT業界の就活は楽勝でしょ!」と考える人がいるかもしれません。

しかし残念ながら、ITパスポートの資格を保有していても、IT業界の就職にはあまり有利にならないと言われています。

なぜなら、ITパスポートはIT系の試験の中で最も基礎的なものであるため、ITを専門とした仕事をする上で、ITパスポートの知識だけでは少し心もとないからです。

そのため、SEやSIerなどの専門職への就職を考えている人は、ITパスポートで身につけた知識を土台として、更に難しい資格である「基礎情報技術者試験」「応用情報技術者試験」の合格を目指して勉強するのが良いでしょう。

ITパスポートについて知りたい場合はこちら

7. FP技能検定

  • オススメ度:★
  • 対象:金融業界志望の学生
  • 評価される基準:2級以上

FP(ファイナンシャル・プランナー)技能検定とは、お客様の資産に応じた貯蓄、投資などのプランの立案、相談に必要な技能を検定する国家試験のことです。

1級、2級、3級という3つの級があり、どの級の試験であっても学科試験と実技試験があるというのが特徴的と言えます。

金融に関する幅広い知識を身につけることが出来るので、社会人になってからもFP技能検定で得た知識は必ず活かせます。

履歴書に書けるのは2級から

FP技能検定には1~3級までの3つの等級があるということですが、どの級からであれば履歴書に書くことが出来るでしょうか。

その答えは、2級です。

なぜなら、3級は合格率が8割前後と高く、1ヶ月程度の勉強で合格できる易しい試験であるため、持っていたところでそれほど高い評価を受けられないからです。

FP技能検定の取得を目指す人は、2級以上の取得に向けて勉強を頑張ってください。

FP技能検定の試験日程

FP技能検定は年3回(5月、9月、1月)実施されています。

例として、2018年度の試験日程をご覧ください。

等級 試験日 申込期間 合格発表日
1級 2018年9月9日 2018年7月13日~8月3日 2018年11月6日
2級・3級 2018年9月9日 2018年7月4日~7月25日 2018年10月22日
2級・3級 2019年1月27日 2018年11月12日~12月3日 2019年3月7日

9月9日の試験を受けたほうが余裕はありますが、1月27日の試験であっても、ESの記入にはぎりぎり間に合うでしょう。

FP技能検定について詳しく知りたい場合はこちら

8. 宅建

  • オススメ度:★
  • 対象:不動産業界、金融業界志望の学生
  • 評価される基準:-

「宅建」とは「宅建建物取引士資格」の略称で、不動産を取引する際に仲介役として役割のあることを示す国家資格です。

「建物取引士」とあるように不動産関連の知識を幅広く身につけることが出来るため、不動産業界、そして金融業界の就職に有利になる可能性があります。

宅建の受験日程

宅建は、毎年1回、10月の第3日曜日に実施されることが恒例になっています。

2018年の試験日程は以下のとおりです。

受験申込日 試験日 合格発表日
2018年7月2日~7月31日
(インターネットは7月2日~7月17日)
2018年10月21日 2018年12月5日

宅建について詳しく知りたい場合はこちら

9. 秘書検定

  • オススメ度:★
  • 対象:全就活生(特に女性)
  • 評価される基準:準1級

秘書検定(秘書技能検定)とは、ビジネスの場における基本的なマナー、文書、事務用品名などに関する知識を問う資格のことを指します。

一般的なビジネスマナーや社会常識を備えていることをアピールするために、この資格の勉強に励む大学生(特に女子大生)は多いです。

履歴書に書けるのは準1級から!

秘書検定は3級、2級、準1級、1級という4つの等級がありますが、どの級からであれば、履歴書に書いてアピールすることが出来るのでしょうか。

その答えは、準1級です。

なぜなら、2級と3級は筆記のみで合否が決まる易しい試験であるのに対し、準1級は筆記と面接が課される難しい試験であるからです。

準1級以上の秘書検定を持っている学生は少なく、準1級を持っていればライバルと比べて一歩リードできるため、秘書検定の取得を考えている人は、準1級合格を目指しましょう。

秘書検定の試験日程

秘書検定は、2月、6月、11月の年3回実施されます(2月は2級、3級のみ)。

2018年度の試験日程は、以下のとおりです。

試験回 等級 試験日 受付期間
第116回 1級・準1級
2級・3級
2018年11月11日 2018年9月3日~10月10日
第117回 2級・3級 2019年2月10日 2018年12月10日~2019年1月15日

2月の検定では1級、準1級を受けられないので、準1級以上を狙う場合は、第116回を受けるようにしましょう。

秘書検定について詳しく知りたい場合はこちら

10. 運転免許

  • オススメ度:★★★
  • 対象:全就活生(文系・理系問わず)
  • 評価される基準:-

さて、最後にご紹介するのは、運転免許(普通自動車第一種運転免許)です。

運転免許は、持っていたからといって就活で有利になることは99%ありえませんが、最低でも卒業前、できれば就活前に取得しておくことをおすすめします。

なぜなら、車を運転できないと、長距離移動をするときに不便になってしまうからです。

たとえば、あなたが運転免許を持っていないまま、全国転勤のある企業に営業職として入社したとします。

営業職は当然、お客様と会うために長距離を移動しなければいけませんが、もしあなたが運転免許を持っていなければ、わざわざタクシーや公共交通機関を使って移動しなければいけませんよね?

運転免許を持っていれば、わざわざこのような面倒なことに巻き込まれることはないので、運転免許は必ず取得しておきましょう。

また、社会人になってから取得するのは時間的に厳しいため、時間的余裕のある大学1,2年生のときに免許を取得するのがベストです。

就活を有利にするには、資格をとる前にやるべきことがある!

ここまで、就活を進める上で有利になる資格について述べてきました。

ただ、最後に伝えたいことは、「資格は就活において必須ではなく、さほど大きな加点要素にもならない」ということです。

そのため、資格取得ばかりに目を向けて、自己分析や業界研究が疎かになるのは、逆効果。

資格取得に奔走する前に、まずは内定を取るためにすべき事の優先順位を立てて、自己分析や業界・企業研究、適性検査の勉強、ESや面接の練習に取り組むべきなのです。

とはいえ、「資格を取ることは、プラスにはなってもマイナスにはならない」ことは確かなので、やるべきことをやった上で尚時間が余っているのであれば、ぜひ資格の勉強に取り組んでみてください。

大谷 翔太

最後にお伺いしたいのですが、今日紹介された10の資格のうち、就活解禁前に優先して取得しておいたほうが良い資格はありますか?

新山 保

是非オススメしたいのは2つありますよ。
1つ目は、TOEIC
海外展開がますます激化している現状、英語力を養成することはもはやマストです。
就活解禁前までに最低でも600点以上、できれば700点、800点以上を取得しておきましょう!

菊地 絵理奈

やはり、英語力はどの企業に行っても問われるものなんですね。
2つ目は何ですか?

新山 保

2つ目は、運転免許です。
働き始めてから車が必要になることは十分に考えられますし、何より、働き始めてからでは免許を取るための時間を捻出しにくいです。
そこで、時間がある大学生のうちに、ぜひ運転免許をとっておいてほしいです。

大谷 翔太

それ以外の資格は取らなくても良いんですか?

新山 保

時間対効果を考えると、自己分析や面接練習に時間を割いたほうが良いかと思われます。
ただ、資格を取得することで、志望業界への興味や専門知識を示せることは確かなので、時間が許すのであれば、勉強してみてください。

菊地 絵理奈

わかりました、ありがとうございます!

新山 保

就活生のみなさんが、取得した資格を使って、有利に就職活動を進められることを祈っています。

就活イベントMeetsCompany

今、就活生の5人に1人が利用しているサービス「MeetsCompany」はご存知ですか?

「MeetsCompany」は新卒学生を対象としたイベント参加型の就職マッチングサービスです。

企業の人事で決定権を持った人や社長のみが参加するイベントのため、学生はその場で内定を獲得出来たり、内定の一歩手前まで選考が進んでしまうこともあり、年間約6000人の方が就職を当イベントで決めています。

東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能です。 イベント後に就職のプロが就職の相談にのってくれ、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせて徹底サポートしてくれます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・新潟の会場があります!少しでも早く希望の会社から内定をもらいたい方は必須のサービスですよ。

詳しく見てみる