転職を成功させる転職ノウハウの記事一覧

転職に関する疑問を解決したり、転職ノウハウをお伝えする記事です。

転職準備の進め方や、転職の時期など、転職の基本的な情報を掲載しています。

また第二新卒の転職や外資系への転職、30代の転職など、それぞれの条件に合った転職の情報も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

その他、ブラック企業の見分け方といった、企業選びに役立つ情報も掲載。

転職活動の際にぜひ活用してください。

ニートが就職する方法!ニートにオススメの仕事や業界の探し方、就職支援サイトを紹介

転職ノウハウ
ニートが就職する方法

ニートだから就職できない、採用されない!と就職を諦めていませんか?現在いわゆるニートで職歴にブランクのある人でも就職することはできます。就職しようと決めたらまずは、朝型の生活に変えるなど生活のリズムを整えることから始めましょう。働くことに不安を感じている人は、ニートの人の就職を支援してくれる施設やサポートサイトを利用して、相談しながら就職活動を進めます。慢性的な人手不足で採用されやすい介護職や、多彩な仕事内容から選べて未経験OKの求人が多い工場勤務、需要が多いIT業界など、ニートの人でも働きやすい仕事を選ぶことも就職成功のポイントです。

未経験の人が事務職に正社員として転職する方法!事務職の種類と適性とは?

転職ノウハウ
未経験の人が事務職に転職する方法

事務職は女性を中心に人気の職種です。ライバルが多く採用は難しそうですが、未経験での転職も可能です。未経験から転職するポイントは3つ。「どうしてもその企業で働きたい」ことが伝わる志望動機を作る、職種は違っても共通して役立つスキルをアピールする、ライバルに差をつけるために資格をとる。また、「事務職はラクそう」などのイメージで転職すると「思っていたのと違う」と早期退職の原因になります。事務職がどんなものか理解してから転職するのも大事なポイントです。事務職の求人は転職サイトから探すのも良いですが、転職エージェントや派遣登録を利用するのも良いでしょう。

転職できない7つの原因!あなたの転職活動がうまくいかない理由とは?

転職ノウハウ
転職できない7つの原因と転職成功のための対策方法!

転職できない理由として、準備や情報収集の不足、アンマッチ案件への応募などが考えられます。不採用が続くと「自分は社会から求められる人材ではないのでは?」と不安になるもの。ですが、転職活動を振り返り転職できない理由を見つけ、改善することで必ず転職できるようになります。また、内定をもらうまでに応募した会社の数の平均は約17社というデータもあり、転職希望者の多くはたくさんの会社に応募し不採用をもらっていることもわかります。焦らずに転職できない理由を探し、その理由を改善することが転職成功の第一歩なのです。

30代の転職術!転職に失敗しない方法を30代前半と後半に分けて徹底解説

転職ノウハウ
30代の転職術

30代前半の転職はそれほど厳しくありませんが、30代後半では個人の能力によって転職活動の難易度は変わります。30代で年相応のスキルや資格がない人は転職をせず現在の会社でスキルアップを目指すほうがよいでしょう。30代の転職は、男性も女性もスキルが重要視されることからキャリアの棚卸を徹底的に行うこと、求人が少ないことから条件に優先順位をつけることが転職成功のポイント。また未経験の転職は難しいですが、アピール次第で転職は可能です。

20代の転職を成功させるポイントとは?20代前半・後半それぞれの転職術

転職ノウハウ
20代前半と後半の転職成功ポイントとは?

転職市場において求人が豊富で引く手あまたな20代。気軽に転職できてしまうだけに、目先のことばかり考えてブラック企業に再就職してしまうなど、転職に失敗することも多い年代です。いくら需要のある年代だからといって、転職回数が多ければ市場価値は下がる一方。転職は最初が肝心です。20代の転職成功の秘訣は、退職理由と転職の目的を明確にすること。選択肢の多い20代だからこそ、今の会社に残るかどうかも含めて慎重に行動しましょう。

【最新版】労働者派遣法改正で変わった派遣社員の待遇とメリットをわかりやすく紹介!

転職ノウハウ
労働者派遣法改正で変わった派遣社員の待遇とメリット

2015年に労働者派遣法が改正されました。最新の改正によって、派遣社員として同一の企業で働ける期間が長くなり雇用が安定しやすくなったほか、正社員とあまり差のない環境や給料設定で働けるようになりました。派遣会社に対してキャリアアップ措置が義務化されたため、働きながらのスキルアップも可能に。派遣社員でも積極的に勉強してスキルアップし、直接雇用のチャンスをうまく利用することで正社員として働くことも可能になりました。今回は、労働者派遣法についてわかりやすく紹介します。

派遣社員と契約社員の違いとメリット・デメリットを比較!働くならどちらが良いの?

転職ノウハウ
派遣社員と契約社員の違いとメリット・デメリットを比較

派遣社員と契約社員はどちらも雇用期間に限りのある有期雇用ですが、派遣社員は派遣会社、契約社員は会社と雇用主が異なります。どちらも正社員に比べて福利厚生が薄く仕事の内容に制限があります。ライフワークバランスを重視する人は、残業や休日出勤が少ない派遣社員が、正社員を目指す人は正社員同様の仕事を任せられる契約社員がオススメです。派遣社員と契約社員の違いと、それぞれのメリット・デメリットを紹介しているので転職する際の参考にしてください。

外資系企業は女性が働きやすい?外資系企業に転職した女性の結婚や出産、出世について

転職ノウハウ

外資系企業は残業が少なくてライフワークバランスが取りやすいから女性にオススメ、といわれています。実際は、実力主義で常に成果を出さなければいけないため勤務はハード。一般事務の求人も少なめなためバリバリ働きたいキャリア志向の女性でないと務まりません。仕事は大変ですが、がんばったぶんだけ評価してもらえる、若いうちに出世できる、出世しておくと出産後の職場復帰がラク、など女性にうれしいメリットもたくさんあります。

英語できないけど外資系企業へ転職したい!英語が話せなくても外資系に転職する方法

転職ノウハウ

外資系企業へ転職したいけれど英語ができないから、とあきらめていませんか?英語を使う頻度の高い企業ではTOEIC700点以上などの合格ラインがあるところもあります。しかし、仕事のスキルが高い、英語を習得する意欲があるなどの要素があれば英語力に関わらず採用を考える外資系企業も。アピールのしかたによっては英語ができなくても外資系企業への転職は可能です。

外資系企業への転職が気になる!外資系企業の特徴や日本企業との違いを徹底解説

転職ノウハウ

外国資本が3分の1以上入った企業のことを外資系企業といいます。外資系企業で働くメリットは、実力主義で年齢に関係なく昇給できるところや、残業が少なく有給休暇もしっかり取れて仕事以外の時間も充実させやすいところ。しかし、実力主義のため常に成果を上げなければいけないプレッシャーが強いという一面も。外資系企業と日本企業の働き方の違いを知って転職活動に役立てて。

ページの先頭へ