転職エージェントでは転職希望者の相談から再就職、再就職後のフォローまでを無料でサポートしています。

転職成功のカギとなる自己分析やキャリアの棚卸もプロによる第三者の視点でアドバイスしてもらえるため、応募企業とのマッチング度も高く、採用の可能性が高まります。

求人サイトには掲載していない非公開求人を紹介してくれるのも、転職エージェントならではの魅力です。

応募企業とのやり取りも行ってくれるから、仕事をしながら転職先を探す人にもオススメ。

若い世代の転職に強いエージェント、外資系企業の転職に強いエージェントなど、転職エージェントにはそれぞれの特徴があるので、自分の希望に合わせて利用するとよいでしょう。

今回は、転職エージェントの使い方と共に、オススメの転職エージェントや、転職エージェントを使った方がいい人の特徴などを紹介します。

転職エージェントと転職サイトの違い

「転職エージェントって転職サイトのことじゃないの?」

「転職エージェントと転職サイトは何が違うの?」

など、転職エージェントを利用したことがない人にとって転職エージェントとはどんなものか、わからないことも多いでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違いは以下の通りです。

転職サイト 転職エージェント
求人を探す 自分で登録・探す。 自分で登録後、エージェントが求人を紹介。
応募書類を作る 自分で作成。
わからないことはネットや本を見て作成。
キャリアアドバイザーが添削・アドバイス。
応募する 面接日の調整などは自分で行う。 面接日の調整はキャリアアドバイザーが行う。
面接対策 面接対策はない。
対策はインターネットや本を見て行う。
キャリアアドバイザーによる面接対策や模擬面接で本番に対応。
条件交渉 自分で行う。 キャリアアドバイザーが転職者の意見を聞いて行う。
入社日設定 自分で行う。 キャリアアドバイザーが代行。

転職エージェントなら転職活動におけるすべてを担当者がサポートしてくれますが、転職サイトはすべて自分で行わなければいけません。

逆に、転職サイトは空いた時間を利用してマイペースに転職活動を進められるという利点があります。

「よい求人があれば転職したいから転職サイトを利用しよう」「転職が難しい年齢だから転職エージェントと転職サイトを併用しようかな」など転職の時期や、年齢、スキルによって使い分けるとよいでしょう。

転職エージェントを利用するメリット5つ

転職希望者の相談から再就職まで徹底的にサポートしてくれる転職エージェント。

利用してみたいけれど実際にどんなメリットがあるの?と気になりますよね。

この章では、転職エージェントを利用するメリットを紹介します。

  1. 非公開求人に応募できる

    非公開求人は、求人サイトに掲載すると応募が殺到すると思われる人気の企業や業界・職種、競合他社に知られたくない極秘プロジェクトの人員募集など魅力的な案件が多く揃います。

    転職エージェントの求人は紹介制で誰でも気軽に応募できるわけではなく、求人サイトにも掲載していないためライバルが少ないのもポイントです。

  2. 転職のプロによるカウンセリングで市場価値を判断してもらえる

    カウンセリングでは、プロによる客観的な視点から市場価値を判断してもらえます。

    そのため、自分では気づかなかった長所に気付かされることもあるでしょう。

    今までの経験や実績から関連性の高い職種の求人を紹介するのが通常ですが、自分では思いつかないような職業を紹介してくれることもあり、スキルの幅が広がります。

  3. 企業とのマッチング度が高い

    転職エージェントは「企業側の思惑や欲しい人材」をしっかり把握しています。

    そのため求職者・企業それぞれの希望とマッチする企業を紹介してもらえます。

    マッチング度の高い求人なので、採用の可能性も高まるというわけです。

  4. 履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる

    ただ添削してもらえるのではなく、企業のニーズに合わせた書き方を教えてもらえるのがポイントです。

    インターネットの情報で書いたワンパターンの応募書類から脱出できるため、他の応募者と差をつけることもできます。

  5. 条件交渉をしてもらえる

    転職エージェントでは年収アップや待遇など、労働条件の交渉も代わりに行ってくれます。

    type転職エージェントでは、71%の人の年収アップに成功。

    ハイキャリア専門のJACリクルートメントでは経験に応じて、企業に新たなポジションを提案することもあると言います。

どの転職エージェントに登録すべき?オススメの転職エージェント

転職エージェントには、業界や職種、地域を問わず幅広い求人を取り扱う総合型転職エージェントと、特定の地域や業界、職種の求人を扱う特化型転職エージェントがあります。

それぞれの特徴を紹介しますので、転職エージェントへの登録を考えている人は参考にしてみてください。

豊富な求人と実績が魅力の総合型転職エージェント

ジャンルに関係なくあらゆる企業の求人を取り扱う総合型転職エージェントは、転職サイトでおなじみの、いわゆる大手転職エージェントが当てはまります。

大手で利用者が多いため転職サポートの実績が豊富で、たくさんの求人から選べるというメリットがあります。

代表的な総合型転職エージェントを紹介しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントホームページメイン画面

業界最大の求人数が魅力のリクルートエージェント。

エージェント経由で転職した人の退職率は約4%と定着率が高いのも見逃せない特徴です。

転職についてまだ漠然としか考えていないけど、誰かに相談したいという方は、まずリクルートエージェントに相談すると良いでしょう。

求人数は業界最大 リクルートエージェント 公式サイト リクルートエージェントの詳細

マイナビエージェント

マイナビエージェントメイン画面

新卒の就職に強いマイナビエージェントでは、第二新卒や20代の転職にも力を入れています。

そのため、20代の若者の方や第二新卒の方にオススメのエージェントです。

サポート期間は3カ月のエージェントが多い中で、マイナビは無期限でエージェントのサービスが受けられます。

「今すぐの転職じゃないけどとりあえず相談したい」という人も気軽に利用できますね。

20代・第二新卒の転職なら マイナビエージェント 公式サイト マイナビエージェントの詳細

DODAエージェント

DODAのホームページメイン画面

求人数が豊富で経験やスキル、年齢を問わず幅広い層の人が利用できると評判のDODAエージェント。

またDODAは日本全国に拠点があり、首都圏以外の人もサービスが受けられます。

上京して転職したい人や、地元に帰って転職したい人はDODAエージェントに相談しましょう。

首都圏以外の人も利用できる DODAエージェント 公式サイト DODAエージェントの詳細

専門性の高いアドバイザーが魅力の特化型転職エージェント

特化型転職エージェントは、専門業界に特化しているためキャリアアドバイザーも業界事情に熟知した頼りがいのある人が多いのがポイントです。

type 転職エージェント

type転職エージェント公式サイトメイン画面

type 転職エージェントは首都圏特化型の転職エージェントです。

求職者に寄り添った丁寧なカウンセリングと、きめ細かなサポートが好評。

IT 系企業への転職に力を入れているほかに、女性専用の「type 女性の転職エージェント」では、女性ならではの悩みに対応してもらえるため満足度の高い転職ができそうです。

IT企業、女性、首都圏の転職は typeエージェント公式サイト typeエージェントの詳細

JAC リクルートメント

jac リクルートエージェントの公式サイト

ハイキャリアや外資系の転職に強いJAC リクルートメント。

転職は若い人ほど有利だといわれていますが、ハイキャリアをメインに扱うJACリクルートメントは40代の転職成功率が高いのが特徴です。

30代後半以降でハイキャリアの人や、語学力に自信のある人にオススメの転職エージェントです。

ハイキャリアや外資系企業への転職に JACリクルートメント公式サイト JACリクルートメントの詳細

転職エージェントの利用方法!登録から入社までの流れ

転職エージェントに登録すると、入社までの流れは以下の通りとなります。

転職エージェント登録から入社までの流れ

1. 公式ホームページより転職エージェントに会員登録

各転職エージェントのホームページより会員登録します。

登録時に入力する内容は、住所・氏名・連絡先などの個人情報や職歴、転職時の希望条件などの基礎情報です。

入力時間は、どれだけ詳しく記入するかにもよりますが、だいたい15分~20分程度でしょう。

登録の詳細は、各エージェントの紹介ページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

転職エージェントの紹介記事一覧

2. キャリアアドバイザーより連絡

紹介できる案件がある人に対して、申し込みから2~7日の間にキャリアアドバイザーより面談日程について、電話やメールで連絡があります。

自分の都合の良い日を伝えて、面談する日を決めましょう。

3. キャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングは基本的に対面で行われますが、遠方の人は電話でも対応が可能です。

当日はキャリアの棚卸をしながら、転職の目的や希望条件、アピールにつながる長所を明確にしていきます。

キャリアカウンセリングをしっかりと行うことで、転職失敗を防ぐほか、志望動機がはっきりするため応募書類の作成がラクになり、面接対策もしやすくなるというメリットがあります。

4. 求人紹介

カウンセリングを元に、非公開求人を含む求人から、条件にあった案件を紹介してもらえます。

求人票には載っていないような社風や職場環境、入社後のキャリアアップなどに関しての情報も提供してもらえるのは転職エージェントならではの情報力です。

紹介された案件は気に入らなかければ断ることもできますし、応募するかどうかをその場で決める必要もありません。

じっくり考えて決めましょう。

5. 応募書類添削

希望者には、履歴書や職務経歴書などの応募書類を添削してくれます。

より強くアピールするべき点や書き換えたほうが良い表現などを的確に指摘してもらえるので、転職向けの良い履歴書をつくることができます。

6. 希望する企業に応募

キャリアアドバイザーより転職を希望する企業へ、応募書類が提出されます。

応募後は、転職エージェント経由とはいえ、いきなり面接ということはなく書類選考を通すということを覚えておきましょう。

7. 書類選考

企業により書類選考が行われます。

選考結果はキャリアアドバイザーを通して転職希望者に報告されるのが一般的です。

8. 面接対策

面接対策では、模擬面接で面接の基本的なマナーをおさらいするほかに、過去の面接で実際に聞かれた質問を元に対策を立てます。

事前に回答が用意できるので、自信を持って面接に臨めますね。

9. 面接

いよいよ面接です。

面接の日程は、エージェントが企業と調整してくれるので、転職希望者が直接コンタクトする必要はありません。

面接当日は、時間に遅れないことや身だしなみを整えるなど、社会人としてのマナーをきちんと守って面接に臨みましょう。

面接の結果は、企業から直接連絡がくるのではなく、キャリアカウンセラーから教えてもらいます。

キャリアカウンセラーが応募者の評価されたポイントなどを企業側に確認し、詳細をメールや電話で報告してくれるのです。

面接での良かった点や悪かった点をフィードバックをしてもらえるので、たとえ不採用だったとしても、次の面接に活かすことができます。

10. 内定

面接後、内定となった場合の連絡は企業よりキャリアアドバイザーを通して報告されます。

内定が決まった後の各手続きについても、エージェントがアドバイスをしてくれるので、相談しながら転職の手続きを進めていきましょう。

現職場での退職の伝え方など、退職についてわからないことがあればキャリアアドバイザーに相談することもできます。

11. 入社

入社日の調整もキャリアアドバイザーが行ってくれるので、転職希望者にとってはとてもありがたいですね。

予定通り現職場の退職手続きが済めば、入社日に新しい職場での第1日目がスタートします。

12. 入社後のサポート

転職先が決まり、無事に入社をしたら転職エージェントのサービスは基本的に終了となりますが、実は入社後にもサポートしてくれるのです。

例えば、「実際に仕事を始めてみたら思っていたものと違った」など入社後の悩みに対応してくれます。

また、転職エージェントが主催するビジネスセミナーへの参加も可能。

入社後もサポートしてもらえるのは心強いですね。

転職エージェントを使った方が転職成功できる人の特徴9つ

転職の際に転職エージェントを利用したほうがよい人の特徴を9つ紹介します。

1. 転職をしてもよいかわからない「転職」の相談がしたい人

「現在の職場に不満があって転職を考えているが、転職すべきか転職せずに残るべきかわからない」など、転職すること自体に悩んでいるという人は転職エージェントに相談を。

業界の動向を熟知しているキャリアアドバイザーが、相談者の経験やスキルを考慮して今後のキャリアプランを提案してくれます。

また「今の仕事は向いていないのでは?」など適正がわからない人も転職エージェント向きです。

キャリアの棚卸から適職を見つけられます。

転職するべきか迷っている方におすすめ

リクルートエージェント

2. 20代で転職が初めての人

20代は売り手市場なので求人が豊富です。

そのため特別なスキルや経験がなくてもカンタンに再就職できてしまい、ノリや勢いで転職してしまう人も少なくありません。

「適当に就職してイヤなら転職」という転職グセをつけないためにも、転職は最初が肝心。

プロに相談しながら長く勤められる会社を探しましょう。

転職が初めてで何から手を付けていいかわからない人も、転職エージェントを利用するといいですよ。

20代で初めて転職する方におすすめ

マイナビエージェント

3. 短期間で転職先を探したい人

転職エージェントを利用すると、たくさんの求人の中から自分に合ったものを選んでもらえるため、自分の希望に合った会社を探す手間が省けます。

さらに、面接スケジュールの調整はキャリアアドバイザーがしてくれるので複数の選考を並行して行え、採用後は複数社から選べるため非常に効率的です。

キャリアアドバイザーの視点で客観的に自分の価値を判断してもらえるため、条件が合わない企業へ応募し続けるというムダがなくなるのも、早期に再就職できるポイントでしょう。

4. 書類選考の通過率を上げたい人

キャリアはそこそこあるのに書類選考で落とされる人は、応募書類の書き方に問題があるのかもしれません。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の上手なまとめ方や修正したほうが良い点など、プロの視点から応募書類の添削が受けられます。

企業が求める人物像や社風に合わせた自己アピールを一緒に考えてもらえるので、書類選考の通過率もあがります。

5. 面接が苦手な人

「面接でうまくアピールできないから面接は苦手」「質問に答えられなかったらどうしよう」などの理由から面接が苦手な人も多いようです。

面接が苦手な人は、自分の長所やアピールポイントがわかっていない可能性があるため、プロのキャリアアドバイザーと相談しながらアピールできる部分を考えましょう。

自信のなさは、面接時の緊張につながります。

アピールポイントを整理することで自信を持って面接できるようになりますよ。

受ける企業によってはキャリアアドバイザーと一緒に面接を受けることができ、その場でフォローしてもらえます。

面接終了後、「働きたい」という意志をキャリアアドバイザーに伝えれば、キャリアアドバイザーが企業へ再度プッシュ。

徹底的にサポートしてくれるところが魅力です。

6. 年収アップの転職がしたい人

「年収の交渉なんて自分でする勇気がない」、「年収を高めに希望したら不合格にされるのでは?」と思っている人も転職エージェントを利用するべきでしょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職者の市場価値を正しく判断し、希望に近づけるべく交渉してくれます。

年収以外でも、待遇面などデリケートな問題を転職者に代わって交渉してくれるので、よりよい条件での転職が可能です。

7. 外資系企業へ転職したい人

「語学が活かせる外資系企業で働きたいけれど求人がない」と思ったことはありませんか?

求人サイトではあまり見かけることのない外資系企業の求人も、転職エージェントには豊富に揃っています。

求人数が豊富なだけでなく、外資系企業の転職に詳しいキャリアアドバイザーがアドバイスしてくれるのが嬉しいポイント。

英文のレジュメの書き方など、日本企業の転職とは異なる部分もサポートしてくれるので外資系企業に特化した転職活動が行えます。

就職四季報や口コミサイトでは情報が得られないことも多い外資系企業の情報も、転職エージェントなら簡単に手に入るのでとても効率的です。

外資系企業への転職を考えている方におすすめ

JACリクルートメント

8. ハイキャリア転職がしたい人

ハイキャリア転職のようになかなか表にでない求人は、求人サイトより転職エージェントの非公開求人が断然オススメです。

ハイキャリアの求人を専門に扱う転職エージェントでは、ハイキャリア転職ならではのノウハウを持っており、的確なアドバイスがもらえます。

ハイキャリア転職は、マネジメント経験や海外勤務の経験のある人、年収が500万円以上の人などが対象です。

30代後半~40代の転職成功者が多いのも特徴的ですね。

ハイキャリアの転職を考えている方におすすめ

JACリクルートメント

9. 地方からの転職を考えている人

現在地方都市で働いている方で、都会で新たに仕事を探したいと思っている方も多いでしょう。

転職成功のためには、情報収集をきちんと行うことが大事です。

自分が働きたい地域の優良企業を知りたいなら、企業の内情まで知ることができる転職エージェントを利用しましょう。

首都圏特化型の転職エージェントである、type転職エージェントは、求人が首都圏のものに限られているため、登録者数は大手転職エージェントと比べると少なく、そのぶん丁寧なサポートが期待できます。

「口コミサイトは匿名だからイマイチ信用できない」という人にも転職エージェントは強い味方になってくれます。

転職エージェントに関するQ&A

転職希望者にとってとても頼りになる転職エージェントですが、「なぜ無料なの?」「誰でも利用できるの?」などの疑問を多く聞きます。

この章では、なぜ転職エージェントが無料で利用できるのか、誰でも利用できるのかについて説明しましょう。

どうして転職エージェントは無料で利用できるの?
転職エージェントは転職希望者に求人を紹介して、転職希望者が企業に入社した時点で企業からコンサルティングフィーを成功報酬として受け取っています。

具体的には、求職者を企業へ入社させることで、転職した人の年収の約30%を企業から成功報酬としてもらうのです。

年収の30%というと比較的大きな額で、転職サイトに求人を載せる方が企業としては安上がりのような気がしますが、「求職者の入社が決まれば報酬が出る」という成功報酬型で手数料が発生すること、成功報酬型にプラスして「入社して半年以内に退職した場合はコンサルティングフィーを返金する」という転職エージェントもあるため、企業側のリスクは意外と低いと言います。

またエージェントを通して条件に合った人だけが面接に来るため、採用までにかける手間が省けるという利点もあり、転職エージェントを利用する企業が多いのです。

転職エージェントは誰でも利用できる?
残念ながら転職エージェントのサービスを利用できない人もいます。

利用が難しいと思われる人は以下の3つのいずれかに該当する人です。

  1. 正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験がなく、アルバイト経験しかない人
  2. 短期間で転職を繰り返すなどして経験とスキルが足りない人
  3. 病気など特別な理由なく無職の期間が長い人

転職エージェントのサービスが利用できない場合、転職エージェントから「現時点では紹介できる案件がございません」といった内容のメールが届きます。

転職は諦めて現在の職場で経験を積むか、どうしても転職したい人は転職サイトと併用して仕事を探すとよいでしょう。

転職成功したい人は転職エージェントがオススメ

糸井 嘉人

転職エージェント、なかなかよさそうですね!
転職するときは利用したいと思いました。

池上 彰子

転職エージェントは、相談から入社まで徹底的にサポートしてくれるところが魅力なのですが、転職で一番大切な「転職の目的」と「客観的に見た自分の市場価値」を客観的に判断してくれるところが特にオススメです。

宮里 明

確かに、自分の価値は自分ではわかりにくいですものね。

池上 彰子

転職エージェントでは目的や市場価値をカウンセリングで明確にしてから応募する企業を決めるのでマッチング度も高く、早期に満足度の高い転職が期待できるんですよ!

糸井 嘉人

なるほど!

求人数は業界最大 リクルートエージェント 公式サイト リクルートエージェントの詳細
20代・第二新卒の転職なら マイナビエージェント 公式サイト マイナビエージェントの詳細
首都圏以外の人も利用できる DODAエージェント 公式サイト DODAエージェントの詳細
IT企業、女性、首都圏の転職は typeエージェント公式サイト typeエージェントの詳細
ハイキャリアや外資系企業への転職に JACリクルートメント公式サイト JACリクルートメントの詳細