Uターン転職のメリット・デメリット

就職のために東京に出てきて数年…。

「親が病気になったので、地元に戻ってそばにいてあげたい」

「都会の生活に疲れたから、そろそろ地元に帰りたい」

「地元での結婚や子育てを考えている」

このような理由から、地元に戻って転職したいと考えていませんか?

地方で生まれ育った人が都会で働いた後、地元に戻って働くことをUターン転職といいます。

自分の生まれ故郷へ戻るだけのUターン転職ですが、地元とはいえ、住み慣れて便利な都会を離れるのに不安を感じる人も多いようです。

Uターン転職をすることで、都会にいることによる様々なストレスから開放されるメリットがあります。

でも一方で、なんでも揃った便利な都会での生活に慣れてしまい、地元に戻ることでデメリットもあるのでは?と不安に感じているかもしれませんね。

そこで今回はUターン転職のメリットとデメリットと、後悔しないUターン転職をするポイントを紹介します。

Uターン転職とは

Uターン転職は、地方で生まれ育った人が都心で働いた後、地元に戻って働くこと。

家族や学生時代の友だちがいるため環境になじみやすく、土地勘があるから暮らしやすいという利点があります。

Uターン転職のほかにも、都会で働く人が地方に移り住んで働くことをIターン転職Jターン転職ということがありますが、それぞれ意味は異なります。

  • Iターン転職

    首都圏などの都会で生まれ育った人が、生まれ育った地域以外の地方で働くことを、Iターン転職といいます。

    独立や起業したい人が、都会では手に入りにくい土地や優遇制度などを求めて地方へ移住するケースが考えられます。

  • Jターン転職

    Jターン転職は、地方で生まれ育った人が都会で就職し、その後生まれ育った土地とは異なる地方で働くこと。

    地元とは違う自然環境に魅力を感じる、地方のゆとりある暮らしがしたいが都会の利便性も捨てがたいので地元より少し便利な地方へ移住する、などがJターン転職をする理由として挙げられます。

坂本 勇治

地方で働くといっても、いろいろなパターンがあるんですね。

池上 彰子

知らない土地で暮らすIターン・Jターン転職は、Uターン転職と比べて難易度は高いものの、新しい文化や風習などモノや人に触れることで価値観が広がるというメリットがあるんですよ。

古閑 美貴

なるほどー。
不安はありますが、たしかに田舎暮らしは憧れますね。

Uターンを希望する人の年齢は20代の若者が多い

実際にどれくらいの人がUターン転職を希望しているか気になりますよね。

労働政策研究・研修機構(JILPT)「UIJターンの促進・支援と地方の活性化」のデータによると、出身市町村へのUターン転職を希望する人を年齢別で見ると、29歳以下の人が最も多く、戻りたい・やや戻りたいと応えた人が49.7%もいる結果となりました。

出身市区町村へのUターン転職希望(年齢別)

年齢が若いほど地元に帰りたいと考える人が多いようです。

東京の大学に進学したけど、新卒で就職する際に地元に戻るという人も多いでしょう。

一度東京で就職した20代の人や、30代前半の人はUターン転職を希望する人が多いと考えられます。

Uターン転職しても後悔しない?仕事・生活の変化と満足度

Uターン転職をすると、必ず仕事や生活に変化が生じます。

JILPTがUターン転職者の仕事面の変化と生活面の変化について調査したところ、次のような結果となりました。

【Uターン転職者の仕事面の変化】

増えた 変わらない 減った
収入 23.8% 23.8% 52.3%
労働時間 27.7% 29.8% 42.6%
通勤の負担 31.9% 21.3% 46.8%
仕事全般の満足度 36.2% 37.4% 26.4%

【Uターン転職者の生活面の変化】

増えた 変わらない 減った
家計のゆとり 26.4% 34.9% 38.7%
精神的なゆとり 37.0% 30.6% 32.3%
居住スペース 53.6% 33.2% 13.2%
余暇の時間 47.7% 26.8% 25.5%
家族で夕食を食べる頻度 53.2% 29.8% 17.0%
近所付き合い 24.3% 57.4% 18.3%
睡眠時間 38.7% 40.0% 21.3%
生活面の満足度 44.3% 34.0% 21.7%

収入が減ることにより、家計のゆとりが減ったと答える人が多かったですが、仕事全般の満足度や生活面の満足度を見ると、減った人よりも増えた人の方が多く、Uターン転職に比較的満足している人が多いという結果が見られました。

この結果から、ゆとりのある生活を求める人はUターン転職に成功する確率が高いと考えられます。

収入を重視する人は、Uターン転職をすると後悔してしまうかもしれませんね。

Uターン転職のメリット5つ

では、ここからUターン転職の具体的なメリットとデメリットについて見ていきましょう。

Uターン転職成功のポイントは、Uターンしたあとの生活について具体的なイメージを持つこと。

「とりあえずストレスからは解放されそう」ではなく、具体的なメリットを理解しておきましょう。

Uターン転職のメリットは以下の5つです。

1. ストレスの少ないゆとりある暮らしができる

都会に住んでいると、「どこへ行くのも混雑していて疲れる」「休日は人が多いので気軽に出かけられない」など都会ならではのストレスに悩まされます。

その点、地方は都会より人が少ないからお出かけがラク。

気心の知れた地元の友人や家族と触れ合う時間も増え、気持ちにゆとりが生まれることもあるでしょう。

自然が豊かで土地のものがおいしいなど、地方に暮らすことで仕事以外の時間が充実し、環境によるストレスは軽減されそうです。

2. 通勤のストレスからの解放される

「電車で座りたいから1時間早く家を出ている」

「満員電車ではイヤホンからの音漏れなど些細なことでイライラしてしまう」

「通勤に1時間以上かかってプライベートな時間が取れない」

このように、通勤時の悩みにストレスを感じている人も多いのでは?

地方では、都会より人口が少ない上に、通学・通勤の利用交通手段に車を使う人が多く電車やバスの混雑度はゆるやか。

都会では自宅と会社の距離が遠く離れていることも珍しくありませんが、地方ではそのようなことがないため、通勤にかかる時間も短縮でき、通勤時のストレスから解放されます。

3. 生活費が安い

地方では、都市部より住居費や物価が安いため、都会で暮らすより生活費を押さえて暮らすことができます。

住居費が安い

ソファでくつろぐ男性

地方に住む人は、東京都内の家賃を聞いてその高さに驚いた人も多いのではないでしょうか。

2LDK・3K・3DKの広さの部屋を借りようとすると、東京都内では大体15万円~20万円が必要です。

同じ広さの部屋を大阪市内で借りると、8万円~12万円が必要。

その点地方になると、たとえば秋田市では5.95万円、香川県高松市は5.61万円、大分県大分市は6.57万円と首都圏より断然、安い値段で借りられます。

東京都と比べると2倍から3倍、家賃が異なるのには驚きですね。

※家賃参照)ホームズ 家賃相場

また、都市部では家賃が高いため、住居費の負担も大きいようです。

住宅・土地のための負債額が多い都道府県は、東京都の2,013万円が一番多く、神奈川県の1,973万円、大阪府の1,801万円と続きます。

負債額の少ない都道府県は、岩手県941万円、鹿児島県973万円、北海道1,102万円と地方都市が並びます。

少ない負担で、マイホームが手に入りやすいのも地方の魅力かもしれません。

物価が安い

総務省による、都道府県庁所在市別平成25年平均消費者物価地域差指のデータから、物価に関しても都市部よりは地方の方が安いことがわかります。

さまざまな物価の平均値を100とした場合、100を超える地域は、横浜市106、東京都区105.9、さいたま市103.3など都市部がほとんど。

平均値の100を下回る地域は、宮崎市97.1、秋田市 97.3、奈良市 97.4と地方都市が多くエントリーしています。

以上のことより、住居費や物価が安く、都市部より生活費はかからないといえるでしょう。

4. 子育てしやすい環境が整っている

赤ちゃんを抱く保育士と子供を迎えに来たママ

都市部に住む子育て世代の人が持つ悩みのひとつに、両親が遠くに住んでいて気軽に預けられる場所がない、というものが挙げられます。

Uターン転職で地元に戻れば、両親の近くに住むことになるのでサポートが期待できます。

また、地域の人と顔見知りなので、外で遊ばせる際や通学時の心配が少ないという利点も。

保育園も、都市部では待機児童数が、東京都8,586人、千葉県1,787人、大阪府1,190人に対して、青森県、富山県、福井県、山梨県、鳥取県などは0人と少なく、入りやすいのが魅力です。

5. 自治体の支援が受けられるかも

Uターン転職者など都会から移り住む人に対して、支援を行っている自治体が多数あるのを知っていますか?

たとえば岩手県久慈市では、久慈市にKターン(U・J・Iターンの総称)就職する40歳未満の若者について、Kターンした若者に10万円、事業主に5万円の奨励金を交付する「Kターン若者雇用拡大奨励金交付事業」を実施。

新潟県では、県内にUターン就業した人の奨学金等の返済を支援する「新潟県奨学金返還支援」でUターン転職者をサポートしています。

また滋賀県東近江市では、小学校修了までの子どもがいる世帯が住宅を取得する場合に、取得費の一部を補助(上限は50万円)する制度で、子育て世帯の住居取得を応援。

各自治体の支援をうまく利用すれば、都市部で暮らすよりも経済的な負担少なく生活できそうですね。

※各自治体の支援を受けるには、このほかにも条件があります。詳細は各ホームページで確認を。
※各市区町村の移住特設サイトの情報が知りたい人は、自治体クリップをチェック

Uターン転職のデメリット4つ

Uターン転職は、メリットばかりではありません。

デメリットもありますが、事前にデメリットを知って対策を考えれば大丈夫。

Uターン転職のデメリット4つを紹介しましょう。

1. 年収が下がる

都会から地方へUターン転職した場合、年収ダウンは避けられないようです。

厚生労働省平成28年賃金構造基本統計調査「都道府県別の賃金」によると、全国の賃金の平均は304.0千円。

都道府県別に見てみると、東京都373.1千円、神奈川県335.1千円、大阪府326.9千円と都市部は全国平均より高めです。

一方、宮崎県234.6千円、岩手県235.9千円など、地方は全国平均より低い地域が目立ちます。

たしかに都市部で働くより年収は下がりますが、住居費・物価とも首都圏よりは安くなるので、家計を見直して最低でもどれくらいの収入を確保したいか計算しておくといいですよ。

2. 娯楽が少ない

山に向かって「遊ぶところがない」と叫ぶ男性

地方では、夜遅くまで開いている飲食店やレジャー施設がない、休日に出かける場所が限られるなど、都会とはライフスタイルが異なります。

「話題のお店にすぐに行けない」「コンサートや舞台の公演が少ない」といった都会ならではの遊びが好きな人は物足りなさを感じるかもしれません。

Uターン転職した際には、登山やサーフィンなど地方ならではの自然に関するものを新しい趣味にするとよいでしょう。

新しい趣味や仲間を見つけて、地方の暮らしを満喫しませんか?

3. 選べる職種が少ない

都会と地方では、求人数の違いはさることながら、職種も限られているので転職の際には注意が必要です。

東京都全体の求人は約2万3,000件あり、営業職の求人は5,000件、SEやWebエンジニアなどのIT技術職は5,000件、事務系の求人1,200件など、職種別に見ても充実しています。

コンサルティングファーム約800件や、会計士や税理士などの士業約200件、出版・広告業界やWeb・モバイルの制作・開発のクリエイティブ職1,700件など専門職の求人も豊富です。

一方地方となると、たとえば山形県全体の求人数は約750件。

コンサルティングファーム2件、士業の求人はゼロ、出版・広告業界やWeb・モバイルの制作・開発のクリエイティブ職はWebデザイナーの1件と、専門的な仕事の求人は期待できないといえます。

地方へUターン転職する人で現在、専門職に就いている人は希望する職種がないかもしれません。

事前に、その地域に自分がやりたい仕事があるか、確認してから地元へ帰る準備を進めるとよいでしょう。
※求人数は2018年10月時点

※求人数の参照)転職サイトdoda

4. 地方の生活になじめないかもしれない

都会に長く住んでいる人にとって、自分が住んでいたころとご近所さんの顔ぶれが変わっていることや、都会にはなかった町内の付き合いや独特のしきたりにとまどいを感じることもあるかもしれません。

町内会の会合に顔を出さなければいけない、地域のイベントの手伝い、ゴミ捨て場の掃除当番など面倒に感じても、子供のいる世帯はとくに、周囲の人のサポートや付き合いがあることで生活がうまくいくので、近所付き合いをないがしろにできません。

ですが、最初はご近所さんとの付き合いを面倒に感じても、その地域の暮らしに慣れると人の温かみや助け合いの心が感じられたら、都会にはない魅力と思えるようになります。

後悔しないUターン転職を実現するポイント2つ

今まで培ってきた仕事のスキルや地位を捨てて、地元とはいえ新しい土地で再出発することはやはり不安。

そこで、後悔しないUターン転職をするポイント2つを紹介します。

1. Uターン転職の目的を明確にする

Uターン転職をする理由が「仕事がうまくいかないから会社を辞めて実家に帰りたい」という現状からの逃げである場合や、「自然に囲まれてのんびり暮らしたい」などなんとなくの憧れである場合、Uターン転職後、後悔することになります。

Uターン転職をする理由はどうであれ、Uターン転職するのであれば、明確な目的を持つようにしましょう。

「今まで培ってきたスキルを活かして地域の活性化に貢献したい」など、どんな仕事がしたいか、「趣味を充実させたい」「忙しくてできなかったヨガを習いたい」など、どんなふうに暮らしたいか、具体的な目的やイメージを持つことが大切です。

2. なるべくたくさんの情報を集める

地元だからなんとかなるだろう、と情報収集に手を抜いてしまうのは危険です。

とくに、長く地元を離れている人は、住んでいる人や街の様子が変わっていることが考えられるので、今現在の街の様子を知っておく必要があります。

どんな情報を調べたらよいかわからない人は、Uターン転職をすることに対して感じている不安をひとつずつ解決していくとよいでしょう。

「どんな仕事がある?」

「近所に住むのはどんな人?」

「近くに買い物できるお店はある?」

「休日はどんなことをして過ごせそう?」

これらのことを両親や友だちに聞いたり、里帰りすることで情報が得られます。

なるべくたくさんの情報を集めることは、Uターン転職後の暮らしを明確にイメージできるほか、Uターン転職に関する不安も払拭されて一石二鳥です。

また、都会より求人数の少ない地元では仕事がなかなか見つからないということもありますので、東京の会社を辞めてからではなく在職中に、地元での仕事を見つけておくことをオススメします。

転職エージェントを利用して地元の優良企業へ転職しよう

転職の相談から採用まで、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用して、地元の優良企業へ転職しませんか?

何かと不安なUターン転職を、相談しながら進められのがうれしいですね。

全国に支店があり、Uターン転職者も利用できる転職エージェント2社を紹介します。

リクルートエージェント

求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1リクルートエージェントは、豊富な求人数と、サポート経験にもとづく充実した転職ノウハウが魅力の転職エージェントです。

求人サイトには掲載されない非公開求人も豊富。

地方は求人が少ないので、非公開求人に期待したいところです。

また、リクルートエージェントを通じて転職した人の離職率は4%と低く、利用者に希望に沿った企業を紹介してもらえることがわかります。

地元で活躍できそうな企業を紹介してもらいたい人は、リクルートエージェントがオススメです。

リクルートエージェントに登録する

doda(デューダ)

転職サイトでおなじみのdodaは、エージェントサービスも行っており全国で利用できます。

業界や職種に詳しいキャリアコンサルタントが応募書類の添削や、面接対策などで転職活動をサポート。

dodaは独自のルートで詳しい面接情報を持っており、それをもとに面接対策を行うため、選考突破率がひとりで行うより上がるのが魅力です。

また、求人票を見ただけではわからない、業界の動向や応募企業の社風・成長性、現場の雰囲気など企業情報の詳細を知っており、入社後の「思っていた仕事と違う」というアンマッチを防ぎます。

dodaエージェントに登録する

Uターン転職のメリット・デメリットまとめ

Uターン転職を成功させるコツは、Uターン転職のメリット・デメリットを知っておくことです。

Uターン転職をするメリットとして、通勤ラッシュから解放される、人混みに疲れるなど都会ならではのストレスから解放されることが挙げられます。

反面、職種で妥協しなければいけない、田舎ならではの近所付き合いが面倒などのデメリットも。

デメリットについてはきちんと理解し、デメリットに対する対策を立ててUターン転職の不安を解消しましょう。

また、Uターン転職する目的を明確にし、事前に十分な情報を集めることで、Uターン転職の後悔は防げます。

Uターン転職を考えている人は、手に入りにくい地方の企業情報を詳しく知れて、効率よく転職活動ができる転職エージェントの利用がオススメ。

「今までしてきたようなやりがいのある仕事ができる?」「地元企業の社風になじめないかもしれない」など、Uターン転職に関する不安を解消しながら転職活動が進められますよ。