30代女性の転職

今の会社を辞めて転職をしようと考えているけれど、30代になると、

  • そもそも30代女性で転職なんて、正社員としての需要はある?
  • 5年以内には結婚してるかも!女性が働きやすい契約社員や派遣社員で働いてもいいんじゃない?
  • 30代女性が正社員として転職するには何をしたらいいの?

など、30代女性の転職は不安なことだらけですよね。

確かに20代と比べると30代の求人は少ないため、再就職も難しくなります。

ですが、20代にはなかったスキルや経験は30代女性ならではのアピールポイントになっています。

企業は30代の女性に即戦力になるようなスキルや経験を求めているので、企業側の望むことと、自分のスキルが合えば転職は可能なのです。

30代女性の転職は、自分がどんな会社で働きたいか、会社は自分に何を求めているかを正確に理解することが大切になります。

今回は、30代女性の転職を成功させるために知っておきたい、正社員と契約社員・派遣社員の働き方の違いや、仕事の探し方、正社員として採用される企業へのアプローチの仕方などを紹介しますね。

今の会社を辞めたい理由から次に働きたい会社を具体的にイメージしよう

今の会社を辞めたい理由はなんですか?

30代女性の場合、

  • 若い人の多い職場でお局様扱い、後輩が先に結婚して職場に居づらい、などの人間関係
  • 給与が安いなど待遇面の不満
  • 女性という理由だからか仕事が評価されない、やりがいのある仕事を任せてもらえない
  • 今の仕事をがんばってきたけど、今さらながら好きなことを仕事にしたい

などが挙げられます。

30代は、20代のように若さやパワーで乗り切れていたことが乗り越えられずに気になってしまう年代です。

一度気になってしまうと「もう頑張れる気がしない」「辞めるしかない」などと思い悩んでしまいますよね。

でも、30代女性の転職は、たとえ結婚していたり子持ちじゃなかったとしても、20代よりも求人数が少なく難航しがちです。

ですから、すぐに辞表を出すのではなく本当に辞めなければ解決しないことか、一度考えてみませんか?

たとえば、人間関係。

人間関係はどの会社に入っても難しいものです。

新しい会社に入っても、自分より年下の20代の子から仕事を教わらなくてはいけない、女性ならではのいじめや妬みなど、会社で働く限り人間関係の悩みは尽きません。

そういう問題が起きたとき、辞めたいと思って結局また辞めてしまったら、何の解決にもなっていないですよね。

すぐに辞めるのではなく、一度今の会社で続ける方法を考えてみてください。

有給休暇を取ったり、習い事を始めるなどリフレッシュすることで続けられそうなら、会社を辞めるのを考え直してみてもいいかもしれません。

また、給与が安いのが嫌で転職を考えている場合、経験やスキルにもよりますが、転職後の給与が今の会社よりも下がる可能性も大いにあります。

労働時間が長い場合は、上司に相談することで改善されるかもしれません。

仕事にやりがいが感じられない人は、仕事のやり方や仕事との向き合い方を変えてみると意識が変えられます。

未経験だけど、好きなことを仕事にしたいという人は、ボランティアや趣味で行ってから考えるのがオススメ。

なぜなら、未経験で企業に受け入れられるのは20代までで30代の受け入れはほとんどないと言われているからです。

「30代女性の転職は難しいっていうけど、やっぱり転職したい!」

と決意したときは、会社を辞める理由をもとに、「次はどんな企業で働きたいか」をできるだけ具体的な条件を考えましょう。

「若い人が多い会社だったから同じ年代の女性が活躍している会社がいいな」

「キャリアアップの機会が少なかったから研修制度のしっかりしている会社でキャリアを磨きたい」

「女性に人気の事務の仕事がしたい」

など、辞めた理由からできるだけ具体的な条件を絞ることが転職成功の第一歩となります。

せっかく転職をしたけれど自分の希望と合わない、ということにならないように、自分が企業に求めることをはっきりさせておきましょう。

30代女性の転職市場!転職するなら30代半ばまでがチャンス

30代女性の転職は難しい、という印象ですが転職できないわけではありません。

30代前半と後半では、30代前半の方が求人数が多く、30代半ばまでなら未経験の求人も少なからずあるようです。

未経験への転職も含めて、転職をするなら30代半ばまでがチャンスと考えていいでしょう。

「じゃあ30代後半の私は転職できないの?」と思ってしまいますよね。

でも、ポイントを押さえれば転職は可能です。

30代後半での女性の転職は、スキルと実績が必須であると考えましょう。

20代と30代で全く同じスキルの女性が現れた場合、多くの企業は、結婚までの期間が長く伸びしろのある20代を採用します。

そのため、30代後半の女性は20代、30代前半にはないスキルや実績が必要です。

厳しい条件のようですが、同業種への転職を考えている人は、スキルが高ければ給与アップが期待できるのでチャンスですよ。

ただ同業種への転職とは反対に、未経験への挑戦は難しくなります。

企業は、20代の方が覚えが早く、柔軟に対応できると考えているので、未経験で実績がないとなると見向きもされない、などということもあるかもしれません。

今までと違う仕事で転職するなら、女性が採用されやすい職種を狙うのも作戦のひとつ。

男女雇用機会均等法によって性別での採用の可否を決めないことになっていますが、技術職や力仕事などは男性、サービス業や事務職は女性が多いなど、女性が必要とされている職種だと転職できる可能性が高まります。

30代女性の転職のポイント

  • 30代前半と後半では、30代前半に求人が多く有利
  • 30代後半の場合、スキルと実績は必須。同業種への転職は可能
  • 未経験への転職は30代前半までに
  • 女性が多く活躍する職種を狙って採用の確率をアップ

30代女性の働き方を考える!一度派遣社員になると再び正社員になるのは難しい

古閑 美貴

転職するならやっぱり正社員として働きたいんですよね。
でも30代女性の転職で正社員は難しいんでしょうか?

池上 彰子

そうですね。
特に女性は30代になると、非正規雇用で働く人が増えることは確かです。

厚生労働省の資料「平成27年国民生活基礎調査の概況15歳以上の者の就業の状況」によると、30代前半で正社員として働く人は36.5%、非正規で働く人は27.7%、30代後半になると、正社員が30.5%、非正規で働く人は32.5%と30代後半になると、正社員と非正規の割合が逆転してしまうというデータがあります。

これは、結婚・出産・子育てで一度会社を辞めたあと正社員として復職できなかった人や、結婚・出産を機に働き方を変えた人が多いためなんですよ。

古閑 美貴

どういうことでしょう?

池上 彰子

一度正社員としての仕事を辞めると、再び正社員として働ける確率は低くなるということです。
正社員を辞めるなんてもったいない気がしますが、結婚や出産を機に契約社員や派遣社員へ働き方を切り替える人が多く、企業によっては正社員と変わらない給与がもらえるので働き方を変えても問題ないと感じるためでしょう。

古閑 美貴

給与が変わらないなら私のような30代独身女性でも、正社員は仕事がハードで精神的に疲れてしまったとか、正社員として転職できなかったら条件によっては契約や派遣社員でもいいんじゃない?…とかいう感じで契約社員や派遣社員に流される人も多いかもしれませんね。

池上 彰子

30代女性が一度正社員を辞めたあと、再び正社員として働くことは難しいもの。
30代は、契約社員や派遣社員のメリット・デメリットを知って今後の働き方を考えて転職するべきです。
ではさっそく、契約社員と派遣社員のメリット・デメリットを見てみましょう。

30代女性が契約社員・派遣社員として働くメリット

まず、30代女性が契約社員・派遣社員になったときのメリットを見てみましょう。

  • 正社員より採用されやすい

    雇用期間が限定されていることもあり、正社員よりも採用されやすいのが契約社員や派遣社員。女性に人気の雑誌やアパレルといった憧れの業界や、正社員として転職するのが難しい大手企業で働くことも可能です。

  • 女性向けの求人が豊富

    派遣社員はとくににニーズが高く求人数も多いのが魅力。特に、女性に人気の事務職は派遣や契約での求人がたくさんあります。

  • 契約社員や派遣社員なら未経験でも働ける企業が多い

    新しいことにチャレンジしたいという人は、いきなり正社員はダメでも契約社員や派遣社員としてなら採用してもらえる可能性があります。

  • 女性が特に悩む人間関係に気を使わなくてよい

    正社員と違って在籍期間が決まっているので、たとえ社内の派閥争いがあったり、女性同士のいざこざがあったとしても「ずっと続くわけではない」と割り切って仕事をすることができます。人間関係が原因で離職した人には魅力的なポイントですね。

  • 残業が少なく定時に帰れる

    短期労働者のため重要な業務を任されることがなく、残業は少なめです。アフターファイブにヨガやスポーツジム、英会話といった自分の時間に費やせます。

30代女性でも働ける求人がたくさんあり、仕事に就きやすく、プライベートも充実。

必要以上に人間関係に気を使うこともなく、正社員より気楽に働けるのが契約社員や派遣社員として働く魅力と言えます。

30代女性が契約社員・派遣社員として働くデメリット

では、30代女性が正社員ではなく契約社員や派遣社員として働いたときのデメリットはなんでしょう。

  • お茶汲みばかりやらされて仕事のやりがいが感じられない、評価されない

    雇用期間が限定されているため、一生懸命働いても昇給しない、いつまでも重要な仕事を任せてもらえないということがあります。特に女性はお茶汲みばかりさせられることも。
    気楽に働けるという反面、仕事にやりがいを見いだせないのがデメリットと言えるでしょう。

  • 派遣社員はスキルアップの機会を与えられない

    企業は正社員や契約社員、パートなど直接雇用の人にはいろいろな教育の機会を与えてスキルアップしてもらいます。ですが派遣社員は直接雇用ではないので、企業としてはわざわざ教育コストをかけてまで育成しようとは思わないのです。
    企業が派遣社員に求めることは、すでに持っている能力でできる範囲の仕事。
    それができなければ新しい人に切り替えればいいという考えです。
    なんとなく派遣の仕事を転々としていると、直接雇用の社員と派遣社員の能力で差が開くのは一目瞭然。
    年々その年齢で期待されるスキルを維持することが難しくなり、採用や契約更新が厳しくなります。

  • 産休や育休が取れない

    ないわけではありませんが取りづらく、契約を更新しないなどして辞めてしまう人が多いようです。会社によって規定が異なるので、30代女性でまだ独身という人も、もうすぐ結婚が決まっているという人も育休や産休の制度はよくチェックしておきましょう。

  • ボーナスや交通費が出ない、昇給がないなどから給与面で差が生まれる

    正社員より給与が多いと思ったけど、交通費を引くと結局正社員よりも低かった、という話はよく聞きます。
    契約社員や派遣社員は短期間の勤務のため昇給はないと考えると、10年・20年後に、給与や待遇の面で正社員との間に差が出てきます。
    また、GWやお盆などの長期休暇がある月の収入が低いのもマイナスポイントです。
    30代女性独身、せめて貯金はしておきたいと思っても正社員に比べたら厳しい金銭状況と言えます。

  • 30代女性の派遣社員が正社員になれるのはごくわずか

    契約社員には5年、派遣社員には3年ルールというものがあり、同じ職場で働けるのは上限で5年、もしくは3年と決められています。
    その後、直接雇用されるか、辞めるかになるわけですが、企業としては新しく契約社員や派遣社員を雇用する方がコストがかからないため、ほとんどの場合雇い止めとなります。
    正社員になれる人の数は限られているので、よほど優秀な人でない限り正社員になれないと考えたほうがいいでしょう。
    女性が30代半ばを過ぎて、特別なスキルもないまま雇い止めになると新しい職場を探すのはより難しくなります。

正社員として働くということは、責任を伴い大変なことですが、派遣社員や契約社員として働くよりも、30代半ばを過ぎるまでに正社員として転職することをオススメします。

独身のまま、契約社員や派遣社員を転々として40代、50代に突入した場合、常に再就職の心配をしなくてはいけなくなります。

一度非正規で働くと、再び正社員として働くことは難しくなりますから、働き方をよく考えて転職活動を行いましょう。

30代女性の正社員への転職は転職エージェントを利用するのがオススメ

正社員としての転職を考えた場合、いつでもどこでも気軽に求人が探せる求人サイトを利用する人が多いですね。

会員登録をするだけでスカウト情報が入ってくるなど、便利な求人サイトですが、応募者が多いため30代となると書類選考で落ちてしまうことがよくあります。

面接までたどり着けても、アピールの仕方が適切ではなく不採用になったこともあるのでは?

地元の企業の募集が多く、失業手当てなどの手続きと並行して転職活動ができるハローワークでは、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策なども行っています。

じゃあ、ハローワーク転職サイトの両方で探せばいいんじゃない?

ということになりますが、ハローワークの求人は、審査が甘く年齢やスキルなど条件を満たしていなくても応募できるところもあり競争率が高い、というデメリットがあります。

企業とのマッチングが転職成功の大きな鍵となる30代女性の仕事探しは転職エージェントがオススメです。

転職エージェントなら、企業の紹介だけでなく面接のセッティングや給料交渉まで一人ひとりに合わせた転職サポートをしてくれます。

30代の女性が正社員として採用されるために面接でアピールしたいこと

転職エージェント等で希望の仕事を見つけたら、履歴書や面接で企業にアピールできることを考えます。

30代女性ならではのアピールポイントを知って、正社員での再就職を目指しましょう!

30代前半の女性は長期勤務や業務経験をアピールする

企業が30代前半の女性に対して心配するのは、採用後すぐの結婚退社や育児休暇です。

この場合、履歴書や面接で「あと◯年は仕事に集中したい」「結婚後も仕事は続けたい」など、働く意欲に満ちている、結婚後も仕事を続けられる環境にある、長期間働くつもりであることをアピールするといいでしょう。

30代前半の女性が企業にアピールしたいもう一つのことは、スキルと経験です。

長い間事務職をしていた人は、資料の管理や、若者が苦手な電話対応なども十分アピールポイントになります。

スキルに自信がない場合は、独学もしくは、ハローワークの求職者支援訓練や公共職業訓練を利用して資格を取るのもオススメです。

求職者支援訓練は、いわゆる受講無料の職業訓練のこと。民間の教育訓練機関が厚生労働大臣の認可を受けて行います。

訓練コースには、パソコン操作のように、さまざまな職種に共通する基本的な能力を習得できる「基礎コース」と、特定の職種に必要な実践的な知識が習得できる「実践コース」があります。

基礎コースでは、ビジネスパソコン基礎科やCADオペレーター科、実践コースは、経理・総務事務実践家や簿記・会計マスタ科、電気設備技術者養成科などさまざま。

期間は、基礎コースでは2か月から4か月、実践コースでは3か月から6か月です。

一方、公共職業訓練は、国や都道府県が主体の施設内訓練と、民間教育訓練期間などに委託して行われる委託訓練があり、実践的な内容を、コースによって半年~2年かけて学びます。

受講料は有料と無料のものがあり、教材費や作業着等は実費。基礎には自信があるけれどより専門的なことを学びたい人はこちらを受講してみてはいかがでしょうか。

学ぶ期間は最長でも2年なので、30代前半であれば学ぶ時間も十分にあります。

資格があれば、自信をもって面接に臨めますね。

30代半ばを過ぎた女性は専門性や指導経験をアピール

30代後半の女性の場合、即戦力になってほしいという企業の思いがあるため、同業種、もしくは今までの経験を活かせる仕事への転職がポイントとなります。

20代であれば、長期間働ける、上司よりも年齢が若く教育しやすいなどの理由でスキルが不足していても採用されますが、30代後半であればより高いスキル、専門知識、実績が必要です。

マネジメントや指導経験のある人は積極的にアピールしましょう。

また、求人に「30歳まで」「35歳前後」などの記載があったときでも、企業はその年齢をあくまで“目安”としている場合があります。

「30歳までじゃなきゃいけない」「35歳以上はダメ」と決めているわけではないところもあるので、スキルに自信がある人は、年齢制限を気にせず不採用覚悟で応募してみましょう。

ただし「第二新卒募集」や「20代が活躍中のオフィス」などは、明らかに20代が求められていますので、採用される可能性は低くなります。

転職活動をするときは、女性は男性よりも年齢を重ねるごとに転職期間の期間が長くなるといわれているので、今の会社に在籍しながら仕事を探すとよいでしょう。

30代で未経験の仕事にチャレンジしたい女性が面接でアピールしたいこと

30代で未経験の仕事は採用されにくいとわかっているけれど、どうしてもチャレンジしたい、という人は、まずこれまでのキャリアや社会人経験を振り返り、希望する未経験の仕事に活かせそうな点を挙げていきます。

たとえば、エクセルでマクロが組める、ビジネスマナーは完璧、営業職なら対人スキルなど、業種は違っても共通して使えるスキルはたくさんあります。

とはいえ、それだけでは30代女性のアピール材料としては弱いのも事実。

現在持っているスキルに加え、関連する資格を通信講座などで勉強中であること、ビジネスセミナーを受講する、その業界で働く人が集まりそうな場所に出かけているなど、業界について勉強している、どうしても働きたいという熱意をアピールしましょう。

なかなか採用されないことを考慮して、なるべく多くの求人に応募することもポイントになります。

不採用が続いて、それでも諦められない場合は、契約社員や派遣社員での転職も考慮しましょう。

30代女性が後悔しない転職を成功させるために考えたい5つのこと

女性が30代で転職に成功したら、年齢のこともあって、できればその会社で長く働きたいですよね。

転職後の会社で長く働くためには、転職をする前に考えておきたいことが5つあります。

1. 女性という理由で安易に働き方を選んではいけない

正社員で転職を考えていたけど、女性が採用されやすいという理由だけで派遣社員に切り替えるとあとで後悔するかもしれません。

「3年以内に結婚して、旦那に養ってもらうから契約社員でもいいか・・・」と安易に転職先を決めてしまうのも危険。

40歳を迎えた時に独身だったとしても、自分でしっかりと収入が得られるようにしておくと安心です。

やりたい仕事があって派遣社員でしか働けないなど、将来のことを考えて納得できた場合は別ですが安易に妥協しないようにしましょう。

2. 待遇にこだわりすぎない

「今までがんばって働いてきたんだから次はもっとよい条件で働きたい」という気持ちはわかりますが、待遇にこだわりすぎると求人の数はさらに減り転職が難しくなります。

待遇が良くて入社したけれど思っていた業務と違う、女性社員が少なく働きにくいなど新たな問題が発生することも。

いろいろな角度から考えて、再就職先を決めて。

3. 譲れない条件を絞る

「残業が少なくて、でも仕事のやりがいはあって、給与もそこそこで、家から近くて、結婚や育児に理解のある会社」のように希望条件がたくさんあると、なかなか転職できません。

転職活動が長引くと焦ってしまい、絶対に妥協できない条件を妥協して入社してしまった、ということになるので、本当に譲れない条件を絞っておくことは大切です。

3. 企業の情報収集はしっかりと行う

情報収集をきちんと行わなかったために、企業が求めているスキルと自分のスキルが合わなかった、業務内容が女性には厳しすぎた、などという悲劇がおきてしまいます。

30代女性の転職は難しく、やり直しがきかないので情報収集は注意深く行いましょう。

4. 悩んだときは専門家に相談する

自分の長所や向いていることなどのアピールポイントがわからない、働きたい企業を絞りきれない人は専門家に相談しましょう。

専門家なら30代女性の転職に関する悩みに適切なアドバイスをくれるはず。

後悔しない転職をするためには、できるだけ自分を客観的に見ることが大切です。

30代女性でも転職はできる!転職活動が長引いたらたまには気分転換も

いかがでしたか?

30代女性の転職は、企業とのマッチングが転職成功の大きなカギとなり、高いスキルと豊富な経験が求められます。

30代とはいえ、上手にアピールすれば転職も十分可能です。

ですが、30代女性の転職は、20代に比べて時間がかかることもあります。

そんなときは、頭を切り替えていったん休んでしまいましょう。

今の会社の仕事に集中する、転職後の職場でも使えそうな資格を取るなど、違うことをするのも気分転換になりますよ。

不採用が続くと、自分の何が悪かったのか、と思考が堂々巡りになりがち。

そんなときは同年代の友人や家族に相談したり、専門の知識をもつアドバイザーに相談してみましょう。

話すだけでリフレッシュされ、新たなアドバイスがもらえると、再びがんばろう、という気持ちになります。

不採用は、自分のスキルと会社の求めるスキルが違うというだけで、あなた自身に問題があるわけではありません。

うまく気分転換をしながら後悔しない転職をしましょう。

池上 彰子

30代女性の転職は、企業とのマッチングが重要なポイント。
転職活動が長引いても、気分転換しながらがんばって!