転職できない7つの原因と転職成功のための対策方法!

不採用が続くと、「自分は他の人と比べて仕事の能力が著しく低いのでは?」「このままじゃ一生転職できないかも!」と不安になったり落ち込んだりしてしまいますよね。

なかなか採用がもらえないのには原因があります。

  • 転職の目的があいまいで適当な会社を受けている
  • 自分の市場価値がわからずレベルに合っていない会社を受けている
  • 企業研究がおろそかで志望動機が薄い
  • 面接のマナーが悪い

これらの点に思い当たる節はありませんか?

不採用の原因となっていることを解消すれば、転職成功は身近なものになるでしょう。

今回は、「なぜ転職できないのか」をテーマに、転職できない理由と採用される人になるための方法について紹介します。

あなたは本当に転職できない人?内定までの平均応募社数

「10社応募したけれど10社とも不採用で仕事を探すのがイヤになってしまった」

「15社落ちたけどまだまだ応募するつもり」

など「転職できない」と感じる応募社数は人によって異なります。

みなさんは、転職希望者が内定をもらうまでに受ける企業の数を知っていますか?

DODA転職成功者の「平均応募社数」によると、内定までに応募した会社の数の平均は17.7社という結果が出ました。

21社以上応募した人の割合は27.2%と高く、内定をもらうまでにたくさんの会社に応募していることがわかります。

年代別の応募社数は以下の通りです。

平均 1位 2位 3位
全体 17.7社 21社以上(27.2%) 6~10社(16.6%) 11~15社(12%)
20代 19.9社 21社以上(32.9%) 6~10社(16.8%) 11~15社(13.7%)
30代 16.8社 21社以上(24.2%) 11~15社(17.4%) 1社(16.5%)
40代 13.7社 1社(31.5%) 21社以上(18.8%) 11~15社(8%)
大谷 翔太

若い人の方がたくさん応募しているのはなぜですか?

池上 彰子

若い世代は他の転職希望者(ライバル)が多いうえ、自分の適正を考えずにやみくもに転職先を決めて応募する傾向が強いため、なかなか採用されず、結果的に応募社数が多くなったと考えられます。

一方40代の応募社数が少ないのは、20代に比べて他の転職希望者が少ないということと、キャリアを活かした仕事を望む傾向があり、自分に合う会社を上手に見つけることができるからでしょう。

菊地 絵理奈

ちなみに男女で応募社数は変わりますか?

池上 彰子

男女ともに平均応募社数は17.7%なので、男女による差はありません。

ですが、地域による差はあります。
各地域の平均応募社数は、関東19.4社、関西18.4社、九州・沖縄10.6社。
都会へ行くほど応募社数が多くなるのは、ライバルが多いからでしょうね。

大谷 翔太

なるほど。

池上 彰子

20社前後の応募であれば「自分は転職できない人間だ」と落ち込むことはありません。
前向きな気持ちで引き続きがんばりましょう。

なぜ転職できないの?転職できない7つの原因

なかなか再就職先が決まらないのは、転職活動のやり方に問題があるからです。

転職できない理由は以下の7つ。

自分の転職活動の様子を思い出して、当てはまることがないか確認しましょう。

1. 転職先の下調べが不十分!転職活動の準備不足

応募企業や業界の下調べが甘いということはありませんか?

下調べが不十分だと志望動機は説得力に欠けたものとなり、どこの会社にも当てはまることを言ってしまいます。

自己アピール等を考える時間がなく、インターネットから得た知識でとりあえず応募書類を書いても、採用担当者には見抜かれるものです。

転職活動は事前準備が大事。

事前準備がおろそかにならないよう、転職活動時期を早めにするなど時間にゆとりを持って行動できるようにしましょう。

2. いつまでたっても転職活動中!スケジュールを立てていない

再就職までのスケジュールを立てないと、ダラダラと長期間に渡り転職活動をしてしまいがち。

転職活動期間が長くなると、焦りを感じて応募企業の条件を妥協してしまうことがあります。

「いつまでに転職する」と明確な日にちを決め、2週間で応募企業を探す、1週間で応募書類を作成する、2週間かけて複数社へ面接へ行くなどスケジュールを立てましょう。

日にちを決めることで目標ができるので、効率的に行動できるようになります。

転職準備の進め方、スケジュールについて

3. 転職の目的が曖昧

「転職で年収があがったらいいな」「働く環境をちょっと変えたい」など、なんとなく転職しようとしていませんか?

面接でたくさんの人と会っている採用担当者から見ると、転職の目的が曖昧なのは一目瞭然です。

転職の目的を明確にしないまま転職をすると、自分の適正に合わない会社に再就職してしまい、転職を繰り返すことになるので注意しましょう。

4. 企業が求める人物像は気にしない!アンマッチ求人ばかりに応募している

自分の市場価値がわからず自分が希望する条件だけを考えて応募していると、会社が求めている人材に当てはまらず、なかなか就職が決まりません。

アンマッチの要素には、「スキル」と「人物像」の2つがあります。

転職活動をする際は、会社が求める人物像と自分の性格や考え方が合っているか、スキルは応募するレベルに達しているかを確認しましょう。

スキルのアンマッチとは、スキルが満たないことのほかに、経験のある分野と転職先の仕事が微妙に異なることが挙げられます。

経験のある分野と微妙に異なる場合のアンマッチは、共通するスキルをアピールするなどアピールポイントを変えれば採用されやすくなりますよ。

5. 消去法で転職先を決めたため志望動機が言えない

面接官の男性と面接を受ける男性

転職サイトの求人情報やスカウト情報から、なんとなく良さそうな会社を選んで応募する人のなかで、志望動機をうまく説明できない人が多く見られます。

消去法で企業を決めたため、適切な志望動機や自己アピールが言えず不採用になっている可能性が高いです。

条件だけで選んだり、自分が受かりそうな会社に応募するのではなく、本当に働きたいと思える会社に応募するようにしましょう。

6. 面接で経歴についてうまく説明できずスキル不足を見抜かれる

面接時「どの会社で」「いつ」「何を」「どのように行動し」「結果がどうであったか」などのエピソードが言えない人は、採用担当者から「スキルがないのでは?」と思われてしまいます。

中途採用は即戦力になれる人が求められるので、即戦力になれなさそうな人は採用されません。

いつも面接が盛り上がらない、という人はスキル不足を見抜かれているのかもしれません。

7. 再就職先に求める条件が多い

「定時で退社、土日祝休み、大手、ストレスの少ない仕事のすべてに当てはまる会社」など再就職先の企業に多くのことを求めていませんか?

すべての条件に当てはまるような企業はほんのわずか。

あったとしても人気の優良企業のため、応募者のレベルは高くライバルも多数です。

「やりがい重視」「労働環境のよさが大事」など、絶対に譲れない要素は2つか3つに絞って探しましょう。

市場価値のズレを修正して転職成功へ!市場価値の測り方

自分が思う自分の市場価値と、第三者から見た場合の市場価値にズレがあると、応募条件とスキルにアンマッチが生じて転職できないという状況になります。

市場価値とは

市場価値とは、社内価値ではなく社外価値であり、今の自分が「求められる人間」かどうか、他の会社でも「通用する」かどうかを表します。

「年収が高い=市場価値が高い」と考える人もいますが、年収が高いからといって市場価値が高いとは限りません。

年収が高いのは、給料の高い業界にいるからかもしれないし、仕事の難易度は会社により異なるからです。

そのため、比較的よい条件で働いている人ほど市場価値を錯覚しやすいと言われています。

ビジネススキルとヒューマンスキル

市場価値はヒューマンスキルビジネススキルから成り立ちます。

以下で、ビジネススキルとヒューマンスキルについて説明します。

ビジネススキルとは

ビジネススキルは営業や技術職、事務職などそれぞれの業務を行うために必要な知識や業務処理能力のことです。

具体的には、Word・Excelができる、マクロが組めるなどパソコンの技術や、語学力、情報収集能力、営業力などが挙げられます。

仕事をする中で育むことのできる、技術的な能力と考えましょう。

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキルとは、他人と良好な関係を築き、そして維持するために必要な技術のことを言います。

転職時に必要となるヒューマンスキルは以下の3つの要素です。

  • ビジネスマナー

    ビジネスマナーを心得ているということは、身だしなみや言葉遣い、電話応対、メールのやりとりなどにおいて社会人らしい振る舞いができるということ。

    20代前半の方は、ビジネスマナーを身に着けていることが面接においてアピール材料になります。
    また、20代後半以降では知っていて当たり前のビジネスマナーですが、「身に付いていて自然と振る舞うことができ、かつ人に教えることができる」レベルであれば十分にアピール材料となります。

  • ロジカルシンキング

    ロジカルシンキングとは、物事を筋道立てて論理的に考えることです。
    ロジカルシンキングが身につくと物事を理解する能力に長け、全体像を把握しやすくなるため効率的に仕事が進められるようになります。

    ロジカルシンキングが身についた人は、物事を他人にわかりやすく伝えることができるので、報告書作成、プレゼンテーションなどの場面でとても役に立ちます。

  • コミュニケーション能力

    相手の話を聞く、理解する、気を配る、相手に不快感を与えずに自分の意見を述べるなど、「うまく人と関わるため」の能力をコミュニケーション能力といいます。

    コミュニケーション能力が高い人は、他人と協力して業務を効率的に進めることができます。

    さらに役職に就いた場合には、相手の能力を十分に発揮させることができるため、会社では重宝されるでしょう。

市場価値の測り方

市場価値は自分を客観的に見つめ評価した上で、他人と比べる必要があるため自分ではわかりにくいものです。

自分の市場価値を正確に把握したい人は、インターネットの適職診断などを利用するとよいでしょう。

@typeの転職力診断テストでは、100点満点で転職力を採点してもらえるほか、テストを受けた人の中での順位も表示されます。

ビジネス基礎能力や企業分析力、交渉・説得力など、仕事の際に必要だと思われる能力を5段階評価で採点。

予想内定社数や予想年収まで知ることができます。

このほかにもDODA年収査定MIIDAS(ミーダス)など、インターネットなら気軽に市場価値を診断できます。

インターネットではなく対面で相談したいという人は、転職エージェントに入会してキャリアアドバイザーに相談したり、ハローワークの職業相談サービスを利用しましょう。

企業が求める人物像を把握して採用率をアップ

転職するには経験やスキルも大事ですが、人間性も重要なポイントです。

「経験は後から身につくものなので人物像を優先している」「仕事面で優秀でもすぐに辞められては困るから」「少人数の会社なので協調性のある人がいい」などの理由から、人間性を重要視している企業も多くあります。

企業が欲しがる人物像3つのポイント

企業が欲しがる人物像のポイントは「適応力」「積極性」「外向性」の3つです。

以下で詳しく説明しましょう。

  • 適応力

    適応力とは、新しい環境に馴染み力を発揮すること。

    厚生労働省の「平成27年転職者実態調査の概況」によると、採用担当者が転職希望者を採用した理由に、「経験を活かし即戦力になるから」「専門知識・能力があるから」「職場への適応力があるから」が上位を占めており、適応力は採用において重要なポイントであることがわかります。

  • 積極性

    テキパキと仕事をする男性

    仕事において積極的な人とは、自分で動くことができる人のことを示します。

    たとえば与えられた仕事をやるだけでなく、目標達成のために何をやるべきか考え行動できる人。

    売上や業績に直結しなくても、積極的に動く姿は会社の士気を高め会社全体によい影響を与えるため、企業にとって必要な人材となります。

  • 外向性

    外向性のある人とは、新しい情報に反応する人、行動的で社交的な人です。

    多くの人とふれあい、さまざまな情報を得ることで新しいビジネスの可能性を提案してくれるのではないか、と企業は期待しています。

職種別のアピールポイント

どの職種でも「適応力」「積極性」「外向性」は必要ですが、それぞれの要素が求められる度合いは職種によって異なります。

たとえば事務系の仕事では、社内の人とコミュニケーションを取らなければいけないことから、外向性よりは適応力が求められます。

営業は積極性や外向性が、技術職なら緻密性が、販売・サービス業は柔軟性や外向性に加えてサービス精神が旺盛であることが求められるでしょう。

仕事ができないと転職できない?足りないスキルの補い方

中途採用は即戦力、と言われています。

転職の際に「仕事の経験はあるけれど即戦力と言われると身構えてしまう」という人も多いのでは?

確かに即戦力と言われると「入社してすぐに利益を上げなければいけないのでは?」「入社直後からひとりで仕事をこなさないといけないの?」と不安になってしまいます。

企業が求める即戦力とはいったい、どういうことを言うのでしょう。

転職について悩む男性

企業が転職者に求める即戦力

企業側も転職希望者が活躍できるようになるまで、ある程度の時間がかかることは承知しています。

多くの職業において成果を上げるには周りの人の協力がいるため、会社の人と信頼関係を築くことから始める必要があります。

さらに経験があるとはいえ、ローカルルール(その会社独自のやり方)になじまなければ仕事の成果は発揮されません。

信頼関係を築き、ローカルルールに馴染むことで初めて仕事ができるようになるのです。

ちなみに、転職者が転職後の仕事に慣れるまでにかかる期間は半年と言われています。

企業が求める即戦力になれる人とは、入社後すぐに活躍できる人という意味ではなく、専門知識が豊富で経験値が高い、適応能力が高いなど、入社後役に立つであろう高い能力を持っている人という意味です。

仕事ができる人とは

仕事ができる人と仕事ができない人、どちらが転職しやすいかといえば、仕事ができる人です。

仕事ができる人とは、知識があり(知識がありかつ使いこなせる)、行動力があり(率先して行う、初めてのことを進んで行う、体力があり行動量が多い)、コミュニケーション能力がある(顧客に好かれる、会社に人に好かれて協力してもらいやすい)人のこと。

営業なら、目標を達成できる、または目標以上の成果を上げて達成することができる人、事務職なら、ミスが少なく気配りができ、バックヤードを安心して任せられる人、技術職なら仕事が早く質もよい人です。

周囲からそのように評価されていたら「仕事ができる人」と思ってよいでしょう。

仕事ができないと転職できない

企業が求める「即戦力」の要素に値しない場合、転職は難しいといえます。

求職者年齢が上がるほど、企業側が求めるスキルレベルが高くなるので、30代以降の転職はさらに厳しいものとなります。

例外として、若い世代で現在適正に合っていない仕事をしている人であれば、1.適正を見つけ 2.ヒューマンスキルをアピールすることで転職成功の可能性が高くなるでしょう。

目指すは転職成功!足りないスキルの補い方

転職にスキルは必要です。

スキルが足りない人は、応募したい企業のレベルに合うようにスキルアップしましょう。

スキルアップの基本

スキルは仕事をしていく中で培われるものなので、スキルアップをするのに一番いい方法は、今の会社に残って仕事の経験を積むことです。

今までと同じように働くのではなく、一つひとつの作業や案件に対し注意深く考え、丁寧に取り組むことで経験は身につきます。

時間はかかるけど確実にスキルアップする方法

スキルのない人が転職をすると、「入りたい会社」ではなく「自分でも入れる会社」にしか転職できません。

少し時間はかかりますが、確実にスキルアップをしてから入りたい会社を目指しましょう。

仕事量を増やして経験値をアップ

仕事ができない人は、仕事を任せてもらえません。

その結果スキル不足となっているので、仕事量を増やし、経験を積むことで足りないスキルを補いましょう。

仕事を増やすには、仕事をする上でやってしまう自分の悪いクセを改善し仕事を効率化することです。

  • 急がない仕事を後回しにしてしまう
  • 机が汚くて探しものをする時間が多い
  • メモを取る紙があちこちにあり、いざとなったとき読み返せない

上記のようなことはよくありませんか?

これらが改善されれば効率的に仕事ができるようになり、こなせる仕事の量も増えます。

また悪い習慣が改善されるのでミスも減り、上司からの評価も上がります。

仕事を続けながら知識を増やす

足りないスキルを補うには、知識を増やすという方法もあります。

ヒューマンスキルをアップするために自己啓発の本を読む、業界の知識を得るために新聞を読むなどは、今の仕事を続けながらできるのでオススメです。

また「幅広い知識」はアピール材料になるため、資格を取るのもよいでしょう。

資格取得に加えて「資格を活かしてこんな仕事がしたい」とアピールできるとなおよいですね。

スキルは足りないけれど今すぐ転職したい

「スキルアップに時間はかけられないけれど、どうしても今すぐ転職したい!」という人は、ヒューマンスキルをアピールしましょう。

転職成功のポイントは「自社の社員と馴染んでくれそう」「長く勤めてくれそう」と採用担当者に思ってもらうことです。

このほかスキルが足りないけれど転職したい人は、派遣社員や契約社員で働いたり、宿泊業や飲食サービス業といった比較的転職しやすい企業に就職するのも、方法のひとつです。

転職できない人は要チェック!応募書類のNG事項

応募書類を書く・提出するときの基本的なマナーが守れていない人は、応募書類を読んですらもらえないことがあります。

  • 応募書類を書く

    応募書類は読んでもらうのに失礼でないものを用意しましょう。

    黒のボールペンで書く、修正液は使わないなど基本的なマナーは必ず守ります。
    また、係り受けの言葉がおかしい、主語と述語が対応していない、一文が長い、句読点が多い(少ない)など読みにくい文章を書いていないかのチェックも忘れずに。

    このほか、履歴書の書き方の基本の詳細は、「履歴書の書き方基本」で紹介しています。

  • 応募書類を送る

    切手の金額不足や、応募書類を小さく折りたたんで封筒にいれるなど、郵送のマナーにも気を配りましょう。

    応募書類郵送のマナーは「履歴書の送り方と郵送マナー」で確認してください。

転職できないのは面接が原因かも?面接時のNG事項

スキルや経歴では問題ないのに、なかなか転職できないのは、面接での振る舞いが原因かもしれません。

そこで、転職の面接で気をつけたいNG事項を紹介します。

  • 事前準備不足

    面接会場を事前に確認していなければ、道に迷う、会場を間違えるなどで遅刻することがあります。
    また面接で話すことを整理していないと、面接時に質問に答えられないこともあり得ます。
    このようなことにならないよう、会場までの行き方や持ち物、面接で話すことなど事前準備は前日までにしっかりとしておきましょう。

  • 緊張してうまく話せない

    いつもと違って敬語をうまく使えない、「えーと」「あの」を連発するなど、緊張するとうまく話せなくなる人は多いと思います。
    この場合、面接で話す内容を用紙に書き出したものを声に出して読むと練習になります。
    転職エージェントを活用して転職すると、エージェントが事前に面接対策を行ってくれます。
    面接で緊張してしまう人は、転職エージェントに相談してみましょう。

  • 逆質問でチャンスを逃す

    「何か質問はありますか?」と企業側からの逆質問に困ったことはありませんか?
    実は逆質問は自己アピールのチャンスなのです。
    「特にありません」ではもったいない。
    自己アピールにつながる質問を考え、チャンスをものにしましょう。

    逆質問に関する詳細は、「転職面接の逆質問対策」を参照してください。

  • 身だしなみに気をつける

    服装、髪型、メイクなど清潔感のある見た目も大切です。
    面接の際には身だしなみにも気をつけましょう。

    転職面接時の服装については「転職面接の男女別スーツの選び方と服装マナー」で紹介しています。

転職できない理由まとめ

不採用が続くのには、自分のレベルに合っていない会社を受けている、企業研究が甘く志望動機に説得力がないなどの理由があります。

転職できない人は一度足を止めて、今までの転職活動を振り返ってみましょう。

転職の目的を明確にする、自分の正しい市場価値を知る、企業研究を怠らないなどを実行することで、再就職の可能性が高まります。

「仕事を続けながら転職活動をしているから情報収集の時間がない」「プロに相談しながら今よりよい企業へ転職したい」 という人は、転職エージェントの利用がオススメです。

転職できない人にオススメの転職エージェント

転職エージェントに登録すると、転職の相談から再就職、再就職後のフォローまでを無料でサポートしてもらえます。

面接日の調整など、応募企業とのやり取りも転職エージェントが行ってくれるので、仕事をしながらでも負担なく転職活動ができます。

応募書類の書き方や面接対策などの悩みも転職のプロであるキャリアアドバイザーが対応してくれるので、なかなか転職できない人にはオススメです。

転職エージェントの活用方法は、「転職エージェントの賢い使い方とオススメの転職エージェント」で紹介しています。

転職できない人にオススメの転職エージェント