20代女性の転職

「いろいろ考えたけど今の仕事を辞めて転職しよう!20代だから需要はあるはず!」と、転職を決意したあなた。

確かに、他の年代に比べると20代女性の求人は豊富です。

とはいえ、

  • 今は正社員として働いているけど、次もまた正社員で働ける?
  • 正社員として働くのは向いていないかも。女性だし契約や派遣で働くのもアリ?
  • 20代女性が正社員としての転職を成功させるには何をしたらいいの?

など、いくら需要のある年代でも転職に不安は付き物です。

社会人経験が浅い20代の女性は、仕事内容だけで決めたり、自分のスキルを見落としがち。

思い込みだけで再就職先を決めてしまうと、就職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔し、転職を繰り返す羽目に。

そこで今回は、20代女性の転職を成功させる方法を紹介します。

20代女性の転職は会社を辞める理由を考えることから始めよう

20代女性が今の会社を辞めようと思う理由は

  • 給料が安い
  • 同僚や上司との人間関係に疲れた
  • 仕事内容が自分の性格に合わない、好きになれない
  • 労働時間が長くて、自分磨きの時間がない
  • 社内の雰囲気になじめず居場所がないと感じる
  • 頑張っているのに仕事が評価されない

などが多いようです。

コピーやお茶汲みしかさせてもらえない、お局様から嫌味を言われる、男性ばかりの職場で居づらいなど女性ならではの悩みは尽きません。

悩みを抱えながらの勤務は本当に辛いですよね。

今すぐ会社を辞めてしまいたいと思うこともあるでしょう。

ですが、勢いだけで会社を辞めてしまうと後々苦労することになるかもしれません。

再就職先の給与や待遇が今の会社より下がることも考えられる転職は、リスクを伴います。

人間関係の改善が難しい場合は仕方がないですが、例えば労働時間は働き方を見直したり、上司に相談することで改善される場合もあります。

仕事の評価については、本当に評価されていないのか、経験不足なだけではないかなど、もう一度見つめ直してみましょう。

「よく考えたけど、やっぱり辞めたい!」

となった場合、転職先でまた同じことを繰り返さないために、次はどんな企業で働きたいかを、辞めた理由をもとにできるだけ具体的な条件を考えましょう。

「残業が多かったから次は残業の少ない会社に行って、習い事を始めたい」

「なんとなく就職しちゃったけど、やっぱり好きなことを仕事にしたい!」

「大企業でなく中小企業なら20代女性でも活躍できるのでは?」

など、辞めた理由からできるだけ具体的に条件を絞ることが、20代女性の転職成功への第一歩となります。

20代女性なら正社員として転職するべき?契約社員や派遣社員としての転職

スーツを着た元気な女性

正社員は育児休暇やボーナスなどの福利厚生が充実していて、給与も安定していますが、

  • 仕事内容がハードで精神面に負担が大きい
  • 残業が断りづらくプライベートを充実できない

といった大変な面があるのも事実。

最近では契約社員や派遣社員でも、正社員と給料が変わらないところもあるようです。

「じゃあ、契約社員や派遣社員として働いてもいいんじゃない?」と思いますよね。

特に20代の女性なら、正社員より待遇がよくなくても、定時で帰れて会社に縛られない契約社員や派遣社員の方がメリットがあるように感じるかもしれません。

そこで、契約社員や派遣社員の特徴を知って、これからの自分の働き方を考えるところからはじめましょう。

契約社員と派遣社員の特徴

契約社員

契約社員は、雇用期間が決まっている従業員のことで、企業との直接契約となります。

契約で決められた期間に働き、契約期間が終了した時点で更新しなければ、その企業での契約は終了となります。

契約期間は最長で3年間。

業務内容も限定されるケースがほとんどです。

派遣社員

派遣社員は、人材派遣会社から仕事の紹介を受けて、各企業に「派遣」される形で就業する雇用形態。

給与は契約社員や正社員のように派遣先の企業ではなく、派遣元の人材派遣会社から支払われます。

まず人材派遣会社に登録して、人材派遣会社の担当者から派遣先の企業を紹介してもらいます。

そこから派遣先とのマッチングが成立した場合のみ、人材派遣会社と雇用契約を結び就労という形になります。

安定した収入と福利厚生を望むなら正社員に転職しましょう

安定した給料、昇格の可能性、育児休暇などの充実した福利厚生そして社会的信用といった点から、やはり正社員になりたいと思う人が多いでしょう。

最近は結婚をしても退職することなく仕事を続けたり、育児休暇をとってまた仕事に復帰するという女性も少なくありません

なので、転職するにしても正社員として再就職を希望する人はたくさんいます。

ですが、正社員の求人で自分の希望に合う会社を見つけること、さらにその会社に正社員として転職するには時間も労力もかかるのが現実です。

さらなるキャリアアップを目指し、正社員として転職するなら、今の会社にいながらじっくりと転職先を考えるとよいでしょう。

自分の時間がほしい人は契約社員か派遣社員での転職がオススメ

一方契約社員や派遣社員となると、雇用期間が決まっており、責任のある重大な業務を任されることもないので正社員に比べて雇ってもらいやすいと言えます。

また、女性に人気の事務職の求人は派遣や契約社員が多く、未経験でも働きやすい業務が多いのが特徴です

派遣社員や契約社員は基本的には定時に帰ることができるので、会社の帰りに習い事をするなど自分磨きの時間が持てるという点はよいですね。

ただし、派遣社員や契約社員は次のようなデメリットもあるので、転職の際は気をつけなければいけません。

  • ボーナスや交通費が出ない
  • 産休や育休といった福利厚生の恩恵が受けられない
  • 大きな仕事を任せてもらえない
  • 派遣社員や契約社員から正社員になるのは難しい

契約社員や派遣社員のより詳しい内容は次のページを参考にしてください。

派遣社員と契約社員のメリット・デメリット

宮里 明

契約や派遣でも食べていけそう。
正社員の仕事に疲れたら、いったん派遣とかでユルく働くのもアリじゃないですか?

池上 彰子

確かに20代なら求人はたくさんあるけれど、年齢が高くなるにつれて求人が減って、更新や採用が難しくなることは知っていますか?
正社員としての求人には年齢制限があることも多いですしね。
それに、職を転々として20代を過ごした場合、正社員のように給与が上がらないから貯金ができず金銭的に困ることもあるの。
年齢が高くなるにつれて、更新や採用、職探し自体が難しくなる、ということを頭に入れておいて下さいね。

宮里 明

それはちょっと怖いかも…

池上 彰子

ふふふ。怖いでしょう。
ちなみに、30代後半の女性の場合、こんなデータもあるのよ。

  • 女性は30代後半でも転職が可能だけど非正社員の就職が多い
  • 給与は30代後半を中心に転職前後の年収が下がりにくい傾向

宮里 明

それって、どういうことですか?

池上 彰子

これはつまり、女性は転職する際に意識的に給与が下がらない仕事場を選んでいるということ。
前職が正社員の場合は正社員として再就職することが多く、非正社員は非正社員として転職する傾向があるんです。
一度非正規雇用で落ち着いてしまうと、再び正社員として働くことは難しくなると考えておきましょう。

宮里 明

20代の働き方次第で、30代40代の働き方が決まる、ということですね。

池上 彰子

そのとおり。
契約社員や派遣社員は、人間関係がライトで残業が少ないなど自分の都合に合わせて働ける良いところもたくさんあるけれど、20代女性なら他の年代に比べて正社員の求人も豊富です。
将来のことも見据えて、正社員にチャレンジしましょう!

20代の女性が正社員として採用されるためにアピールしたいこと

履歴書や面接では、20代女性というのを強みに積極的にアピールしたいところ。

アピールポイントを知って、正社員の採用を勝ち取りましょう!

20代前半の女性は最低限のマナーと柔軟さをアピール

25歳までで、社会人としての経験が浅い人は第二新卒として扱われます。

その場合、フレッシュさや柔軟さ、素直さなどが強みになります。

また、最近は新卒で入社した社員が、研修を終わらせた時点で辞めることも少なくありません。

このタイミングで第二新卒を中途採用する企業は、何度も研修することを避けるため社会人経験がある人で、新卒に代わる若い人を欲しがっている可能性が高いです。

新卒入社者が辞めたタイミングで社員を募集をしている企業には、新入社員の研修を受け、社会人としての最低限のマナーを身に付けていることをアピールするのは効果的です。

20代後半の女性は経験とスキルをアピール

20代後半となると、社会経験は3~6年程度で、豊富な知識と経験が期待されます。

これまでの業務内容や、成果を出したこと、トラブルがあったときにどう対処したかなどの豊富な業務経験を伝えましょう。

後輩の指導を任せたいという企業も多くあるので、前職での指導経験もアピールポイントとして有効です。

正社員として転職するなら20代後半まで

転職についてインターネットなどで調べていると、「女性の転職は20代後半までに」という言葉を見かけます。

おそらく結婚や出産が関係しているのでしょうが、実際はどうなのでしょうか。

厚生労働省の「「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況」に、平均初婚年齢は夫31.1歳、妻29.4歳、第1子出生時の母親の平均年齢は30.7歳というデータがあります。

つまり、入社してから少なくとも3年は働けるであろう27歳前後が採用されやすい傾向にあるようです。

「ということは、結婚や出産が近いと考えられる年齢の人は採用されにくい?」

と考えてしまいますが、結婚する年齢はそれぞれなので「自分はあと◯年は仕事に集中してがんばりたい」と面接などでアピールすれば問題ないでしょう。

また、転職は結婚・出産後にしてもよいものと思われますが、独身の人に比べて採用が難しくなります。

キャリアアップしてバリバリ働きたい!という人は、独身のうちに転職をしてキャリアを築くのがよさそうです。

このほか、キャリアコンパスには、人気の事務職の求人は30代になると減る傾向にあるなど、30歳を境に正社員の求人が20代より少なくなるということが書かれています。

20代でまだ選択肢が多いうちに転職をするのも成功のポイントですね。

以上のことから、「転職をするなら20代後半までに、キャリア志向なら独身のうちに」がベストなタイミングといえそうです。

20代女性が転職を成功させるために考えたい5つのこと

後悔しない転職をするために考えておきたい5つのことを紹介します。

1. 職種だけで決めない

「事務職ならどこでもいいや」「営業ならなんでも」という基準で選ぶと、給与が安すぎる、残業が多い、会社の雰囲気になじめないなど、入社してから「こんなはずじゃなかった!」ということになり、転職を繰り返しがちです。

そうならないようにするには、会社の規模や給与など全体を見て決めることが大切。

情報収集はネットや面接時の質問などで念入りに行うとよいでしょう。

2. 自分の長所や短所、向き不向きを決めつけない

前回は営業で人と接することに疲れたから、パソコンに向かってコツコツデータを打ち込む事務職に転職しよう、など、自分の思い込みだけで転職先を決めるのは危険。

事務職でも社内外の人と接する機会が多くコミュニケーション能力は意外と必要です。

また、自分が苦手と思っていることも、他人からみれば優れた能力、ということもあります。

この機会に、転職アドバイザーやハローワークの担当者、友達や家族など客観的に自分という人間を見てもらうのもいいですね。

3. やりたいことをはっきりさせないまま転職しない

選択肢が多く、採用される確率が高い20代ならではの罠。

「大企業だからいいかも」「この仕事やってみたいかも」「合わなかったらまた転職したらいいし」など安易な理由で再就職はしないようにしましょう。

転職を繰り返すと採用担当者から「仕事が長続きしない人」と思われて再就職が困難になります。

転職を繰り返すうちに30代に突入!ということにもなりかねませんよ。

4. 譲れない条件を絞る

すべて自分の思い通りという企業はありません。

「年収はこれくらい欲しい」「通勤時間は50分以内じゃないとイヤ」など、どうしても譲れない条件をはっきりさせましょう。

条件が曖昧でたくさんあると、20代であっても再就職までに時間がかかります。

妥協できない優先順位をつけると、仕事が探しやすくなりますよ。

5. 曖昧なライフプランを立てて行動しない

「今の彼氏と2年後には結婚するから派遣でいいや」など「たぶんこうなるだろう」という前提でライフプランを立てて転職しないようにしましょう。

もちろん夢や目標があるのは良いことなのですが、例えば結婚の場合はきちんと約束しない限りどうなるかわからないものです。

自分は結婚するつもりでも、相手はそうじゃないかもしれない。

どうせ結婚するからと派遣社員として仕事を始めたけど、結局結婚せずに、派遣の契約も切れて仕事もなくなるなんてことも可能性としてはあるのです。

転職は、自分がどのように働きたいかを考えることが大切です。

20代女性の転職は企業のイメージを明確にすることが大切

いかがでしたか?

選択肢が豊富で比較的採用されやすい20代だからこそ、仕事選びは慎重にしたいもの。

今の職場で働いていてどうしてもイヤだったことや譲れないこと、キャリアウーマンになりたいのか、自分の好きなことを仕事にしたいのか、向いていること向いていないことなどをよく考えて、再就職先を選びましょう。

池上 彰子

会社を辞めた理由や将来のライフプランから、
次に働きたい企業のイメージを明確にすることが20代女性が転職を成功させる秘訣!
そうすれば、30代、40代になっても後悔しない転職ができるはずです!