type 転職エージェントは、首都圏特化型の転職エージェントです。

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県の転職で豊富な実績があるため、優良な首都圏の案件が期待できます。

また、IT 系企業への転職に力を入れており求人も多いため、IT 産業への転職希望者にはオススメです。

求職者に寄り添った、丁寧なカウンセリングときめ細かなサポートも好評。

女性専用の「type 女性の転職エージェント」では、結婚や出産を見据えたキャリアプランの立て方など、女性ならではの悩みに対応してくれます。

今回は、type 転職エージェントの特徴や利用者の評判と、登録から入社の流れを紹介します。

首都圏と IT・通信系の転職に強い!type 転職エージェントの特徴5つ

type転職エージェント公式サイトメイン画面

企業への応募から入社までをサポートしてくれる転職エージェント。

転職エージェントは会社によってそれぞれ異なる特徴があるので、効率よく早期に転職したいなら複数に登録するのがオススメです。

type 転職エージェントでは、首都圏の案件を中心に業界・職種にこだわらない多彩な求人を取り扱っています。

この章では type 転職エージェントの特徴を紹介します。

1. 首都圏の転職に強い

type 転職エージェントは、業界や職種に限定しない総合型の転職エージェントです。

サポート地域は、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県の案件をメインに扱っています。

type 転職エージェントが事業を始めたのは1998年。

就職支援外会社大手のマイナビは2012年、パソナキャリアは2007年、ビズリーチは2009年なので、type 転職エージェントは就職支援会社の中でも古株といえます。

type 転職エージェントは古くからエージェント事業を行っており、首都圏での実績が豊富。

そのため首都圏での魅力的な求人が集まっています。

首都圏の優良企業を探している人は、type 転職エージェントを利用してみては。

2. 転職成功に導く丁寧なカウンセリングが好評

エリアが首都圏に限定されているので、リクルートやDODAなど最大手の転職エージェントに比べると登録者数は少なめです。

しかしその分、一人ひとりに時間をかけた丁寧な対応を心がけています。

また、他の転職エージェントではキャリアアドバイザーの変更が可能ですが、type 転職エージェントではキャリアアドバイザーの変更はできません。

それは、転職希望者の年齢や志望業界・志望職種などを考慮したうえで type 転職エージェントが責任を持ってキャリアアドバイザーを決定しているから。

首都圏での転職事情に詳しいキャリアドバイザーが、求職者の要望を踏まえて徹底的にサポートしてくれます。

3. 転職成功者の約71%が年収アップの転職を実現

転職をするなら年収にもこだわりたいものですが、

「転職をして年収が上がるのは一部の人だけでは?」

「年収が下がってもいいからとりあえず転職したい」

という気持ちで転職活動を行っている人も多いと思います。

type 転職エージェントでは、転職する人の約71%が年収アップの転職に成功。

厚生労働省「直前の勤め先及び現在の勤め先の状況」によると、転職で賃金が増加する割合は40.4%、減少した割合は36.1%、変わらない人は22.1%となっています。

そう考えると、年収アップの転職成功者が約71%というのはけっこう高い数値ですよね。

年収アップの転職の秘訣は、キャリアアドバイザーが求職者の市場価値を正確に見極めて、適切な求人を紹介するから。

キャリアアドバイザーが求職者に代わって年収交渉をしてくれるのもポイントです。

自分の市場価値は自分自身では分かりにくいもの。

転職のプロに相談すれば年収にも満足のいく転職ができますよ。

4. IT/通信系の転職が得意

type 転職エージェントは、IT/通信系の求人を首都圏だけで約6,000件扱っており、IT 産業への転職に力を入れています。

type 転職エージェントの成約実績データからも IT・通信系の転職の割合が高く実績もあることがわかります。

転職成功の多い世代は、26歳~35歳。

以上のことから、type転職エージェントは20代~30代で首都圏の IT 産業への転職を希望する人にはとくにオススメと言えそうです。

5. 無料の転職相談会や転職セミナーに参加できる

type 転職エージェントでは、毎週平日と土曜日の午前10時30分、午後1時30分、3時、4時、5時に無料の転職相談会を開催しています。

状況別、業界・職種別にテーマが分かれており、専任のキャリアアドバイザーが担当します。

今後のキャリアについて相談したい、転職するかどうか迷っている、企業の選び方が分からないなどの悩みから、IT エンジニアのためのステップアップ転職相談会などテーマは多彩。

転職相談会は複数のテーマのもとに開催されますが、キャリアアドバイザーと1対1の面談形式になっているのでじっくり相談できます。

type 転職エージェントの登録から入社までの流れ

type 転職エージェントを利用すると、「登録→キャリアカウンセリング・求人紹介→書類作成、応募・推薦→面接・選考→内定・入社」が、入社までの流れとなります。

type 転職エージェントへの登録

まずは、type 転職エージェントに登録しましょう。

登録をするとエージェントサービスが受けられるだけでなく、求人サイトには出ていない非公開求人へ応募することができます。

type 転職エージェントホームページより会員登録を行います。

1. 基本情報を入力します

住所・氏名・連絡先などの個人情報、現在の就業状況を記入しましょう。

2. 会員登録完了後、マイページを作成

type 転職エージェントマイページログイン画面

メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

職務経歴書・履歴書の作成、転職活動状況、経験や保有資格などの詳細を埋めてマイページを完成させます。

エージェントサービスと同時に @type スカウトサービスを利用しよう

「@type」は、type 転職エージェントと同じ株式会社キャリアデザインセンターが提供する求人サイトです。

「@type」は求人サイトなので、type 転職エージェントのようにキャリアアドバイザーはつきません。

求人を探す、応募するなどの作業は自分で行なわなくてはいけませんが、自分のスケジュールに合わせて好きな時間に転職活動ができるというメリットがあります。

「@type スカウトサービス」は、自分のスキルや経歴をサイトに登録し匿名で公開することで、興味を持った人事担当者から直接スカウトメールが届くメール・マッチングサービスです。

自分のキャリアが活かせる意外な企業から声がかかることもあり、エージェントサービスと並行して行えば選択肢も広がります。

メールは、スカウトメール、オファーDM、関心お知らせメールの3種類です。

  1. スカウトメール

    職務経歴書などのレジュメを見て興味を持った採用担当者から届くオリジナルのメッセージです。
    関心度・書類選考の通過率は高め。
    メール受信後、応募したい場合は直接企業とやり取りを行います。

  2. オファーDM

    経験職種や勤務地など企業が求める採用条件と、登録情報がマッチした場合に採用担当者からメッセージが届きます。
    オファーDMの届いていない他の求人に比べると書類選考通過率は高めです。
    メール受信後、応募したい場合は企業へ直接連絡しましょう。

  3. 関心お知らせメール

    企業の求める採用条件と登録情報がマッチしている場合に、「@type」から送られてくるメールです。

「@type」の「転職力診断テスト」で気軽に転職力をチェック!

転職サイト @type の転職力診断テストで転職力をチェックしませんか?

複数の質問に答えるだけで、予想内定社数や予想年収が算出されます。

転職力診断テストは、@type 会員約13万人の経歴データをもとに、キャリアドバイザーが監修。そのため診断結果にもリアリティがあります。

診断結果が出るまで約10分と手軽にできるので、市場価値が気になる人や転職を考えている人は試してみてください。

type 転職エージェントのキャリアカウンセリングと求人紹介

登録後1週間以内に、キャリアアドバイザーからキャリアカウンセリングの日程調整の連絡がきます。

キャリアカウンセリングは、紹介できそうな求人がある人、転職時期は未定だが転職活動について知りたい人が対象です。

キャリアカウンセリングの所要時間は約1時間半。

平日の夜や土曜日にも受け付けているので在職中の人も参加できます。

場所は東京・赤坂の株式会社キャリアデザインセンターです。

電話でのキャリアカウンセリングは30分~1時間で対応しています。

キャリアカウンセリング当日の服装は自由です。

持ち物は書類が入る大きさのカバンに筆記用具となりますが、より具体的な話をしたい人は履歴書・職務経歴書を持参するとよいでしょう。

キャリアカウンセリングについて

キャリアカウンセリングには、業界・職種ごとに分かれた専任のキャリアアドバイザーが対応します。

キャリアカウンセリングでは、キャリアの棚卸しを行います。

これまでの経験やスキルを振り返ることで、応募したい企業の求めているスキルにマッチしているかをチェック。

業界の動向や求人の傾向を熟知したキャリアアドバイザーが、求職者と一緒に長期的なキャリアプランを考え、今後のキャリアにつながる求人を紹介します。

個人で転職活動を行なっているけれどなかなか採用されないという人は、キャリアの棚卸しや自己分析が十分でないのかもしれません。

キャリアの棚卸しを行なうことで転職の目的が明確になり、将来のことを考えた企業選びができるようになります。

その場しのぎの再就職をしなくなるため、「転職先の仕事が合わなくてすぐに辞めてしまった」という状況を避けることができるでしょう。

このほか、転職のタイミングや再就職の可能性についての相談、転職活動をするにあたって不安なことや分からないことについての相談など、すぐに転職を考えていない人の面談もOKです。

求人紹介について

type 転職エージェントでは、非公開求人を含む求人の中から、求職者の条件や経験に合った求人を紹介します。

紹介する求人の、80%が求人サイトに掲載されていない非公開求人です。

非公開求人には、公開すると応募が殺到することが予測される案件、ピンポイントの専門職、競合他社に知られたくない新規プロジェクトの人員募集などの魅力的な案件が含まれています。

希望に近い求人が紹介されますが、必ず応募しなければいけないということはありません。

書類作成、応募・推薦

キャリアアドバイザーが、応募の手配や面接日程の調整を代行します。

企業とのやり取りは時間がかかり在職中に行なうのは大変ですが、キャリアアドバイザーが対応するので複数社の面接も並行可能です。

もちろん、選考突破のためのサポートも充実しています。

たとえば、応募書類の添削

書類選考の通過率は20%前後と言われています。

これは大体、5-6社に応募して1社通るくらいの確率です。

書類選考突破を突破する応募書類は、経歴が分かりやすく、アピールポイントが明確なもの。

type 転職エージェントなら、今までたくさんの応募書類を見てきて、書類選考突破のコツを知っているキャリアアドバイザーが応募書類を添削します。

企業が求める人物像に合わせたアピールポイントを教えてもらえるのもエージェントならでは。

書類選考の通過率が上がります。

また応募書類の書き方のコツがつかめるので、自分ひとりでも分かりやすい応募書類が書けるようになります。

応募書類だけでなく、面接もしっかりサポート。

type 転職エージェントでは、本番の面接の前に模擬面接を実施しています。

想定質問をもとに、キャリアアドバイザーが面接官となりシミュレーションを実施。

話の組み立て方や対応の仕方など、具体的なアドバイスで万全の体制に整えます。

面接・選考

企業によって異なりますが、採用までの面接は数回行なわれることがほとんどです。

求人サイトなどを利用して個人で転職活動を行なっていると、不採用の際、マイナスポイントはどこだったのか分かりません。

そのため、企業にとってのマイナスポイントが分からないまま転職活動を続けることになるので、なかなか採用されないということもあります。

type 転職エージェントでは面接の都度、求職者に対する評価を企業からヒアリングして求職者にフィードバックしています。

企業からの評価をもとに、次の面接対策を考えます。

内定・入社

面接後、キャリアアドバイザーより内定の連絡がきます。

年収や待遇などの条件交渉、入社までのスケジュール調整もキャリアアドバイザーにおまかせを。

転職に関して譲れない条件がある場合もキャリアアドバイザーに相談するとよいでしょう。

なるべく希望に近い条件で転職できるよう交渉してもらえます。

また type 転職エージェントのキャリアアドバイザーは、上司に退職を切り出すタイミングや伝え方、有給消化に関するトラブルなど退職に関するアドバイスも行なっています。

円満退職をして、清々しい気持ちで新しいスタートを切りましょう。

女性の転職を応援する「type 女性の転職エージェント」

女性の転職なら、「type 女性の転職エージェント」がオススメです。

年間5000人以上の女性転職希望者に対するキャリアカウンセリングの実績があり、女性の転職に関するノウハウが充実しています。

実際に転職を経験した女性のキャリアアドバイザーが中心となって、結婚や出産を見据えたキャリアプランの立て方、プライベートを大切にしながらできるやりがいのある仕事の探し方など、女性ならではの悩みに対応してくれます。

不定期に開催されるセミナーも魅力。

過去には、元アスリートでボディメイクアドバイザーによるボディメイクセミナーや、ビジネスの場で使える身だしなみ講座などが行われています。

参加は無料です。

セミナーのラインナップや登録は、type 女性の転職エージェントから確認できます。

人気で求人も豊富な IT 企業!転職のポイントとは

type 転職エージェントでは、IT 産業への転職に力を入れています。

IT 産業はスマホやインターネットの拡大により、どの産業にも関わりがある人気の職種。

なかでも、開発エンジニアやメンテナンスの分野は人手不足で求人が多いのだそう。

type 転職エージェントでは首都圏だけで約6,000件の IT/通信系の求人を扱っています。

経験豊富なエンジニア専門のキャリアアドバイザーが、求職者の技術や志向性を考慮し、最適なキャリアを提案してくれますよ。

IT 産業転職のポイント

1. IT 技術者の平均年齢は30代後半と他の技術職に比べて若い

経済産業省「IT 人材を巡る現状について」によると、IT 技術者の平均年齢は、他の技術職に比べると若いことがわかります。

糸井 嘉人

年齢差はどれくらいですか?

池上 彰子

IT 技術者は、システムコンサルタント・設計者が38歳、ソフトウェア作成者は37歳、その他の情報処理・通信技術者は39歳と平均年齢は30代後半です。
建築技術者は49歳、電気・電子・電気通信技術者は43歳となっていますから、IT 技術者の平均年齢はずいぶん若いという印象です。

宮里 明

たしかに。
でも、これと転職にはなにか関係があるのですか?

池上 彰子

活躍している年代は30代後半がメインです。
未経験の転職は20代後半、遅くとも30代前半までに済ませるとよいですよ。

2. 人材不足のため海外のエンジニアを積極的に採用

平成26年時点で情報通信業に就労する外国人は3万1581人。

6年前の平成20年は1万8030人だったので約1.75倍ということになります。

IT 産業全体で人手不足ということもあり、海外の優秀なエンジニアの採用に積極的な企業も多いそう。

ですが外国人は定時退社が当たり前なので、サービス残業ができる日本人のほうがよいという企業もあります。

3. ホワイト企業へ転職したい場合

IT 企業は仕事量が多く長時間労働、休日出勤が多いなどブラックなイメージを持っている人も多いと思います。

「やりがいのある仕事をしたいけれど、プライベートの時間も充実させたい」という人は、外資系もしくは役員が外国人などグローバルな企業を狙うとよいでしょう。

外国人はライフワークバランスを大事に考えて残業を嫌うため、定時に終わる企業が多いようです。

ただ、日本の企業とくらべてサービス残業などは減りますが、年功序列の考えがないため成果が上がらない場合は切り捨てらるという厳しい側面も。

グローバルな企業では、入社後も勉強を怠らないなど地道な努力が必要です。

語学力に自信のある人、技術向上のための努力が苦にならない人は外資系の企業を選択肢のひとつに入れてみては?

type 転職エージェントの評判

  • 30代男性:IT

    type 転職エージェントを利用して転職しました。転職活動の期間は3か月です。
    私は在職中に転職活動をしていたので、応募等の連絡をエージェントが行なってくれて助かりました。
    希望した企業は26社、書類選考突破は12社、最終面接は3社、内定2社という結果で、たくさんの企業を効率よく見られたのはエージェントのおかげだと思います。
    満足のいく転職ができました。

  • 20代女性:事務

    初めての転職で分からないことだらけだったので、エージェントには転職の基礎から教わりました。
    とくに応募書類を書くのが苦手で、自己 PR は企業名だけを変えてそれぞれ送っていました。もちろん書類選考で落ちてばかりです。
    企業のニーズにあった自分の経験や長所をアピールするとよいというアドバイスを受け、実際に自己 PR の文章も一緒に考えてもらえました。
    6社受けたうち、書類選考は全部通り、そのうちの1社に内定をもらいました。
    ひとりでは書類選考も受からなかったのでエージェントを利用してよかったと思います。

type 転職エージェントの特徴まとめ

type 転職エージェントは東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県での転職を支援する転職エージェント。

大手就職支援会社に比べると地域が限定されているので登録者数は少なめですが、そのぶんカウンセリングやサポートが丁寧だと好評です。

また type 転職エージェントは IT 企業への転職に力を入れているので、IT 企業への転職を考えている人にもオススメ。

年収アップの転職の実績は71%と高いのも魅力です。

type 女性の転職エージェントでは、女性ならではの悩みに対応してもらえます。

首都圏での転職を希望している人、IT 産業への転職を考えている人は type 転職エージェントを利用しませんか。