転職エージェントと転職サイトの違いを比較

「転職エージェントと転職サイト、どっちを利用するべき?」

転職活動をはじめるにあたって、転職サービスを利用しようとした際、転職エージェントか転職サイト、どちらの方がよいのか迷いますよね。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザー等と呼ばれる担当コンサルタントとの相談を通して、適性にあった仕事を紹介してもらったり、企業とのやりとりを代行してくれたりする転職サービス会社のことです。

一方転職サイトは、求人情報の閲覧ができるWebサイトのことで、気に入った求人があれば直接応募することもできます。

転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ特徴があるので、「どちらの方がよいか」は、あなたがどのように転職活動を進めたいかによって異なります。

そこで今回は、転職エージェントと転職サイトの違いと、それぞれの特徴についてわかりやすくご紹介。

この記事を読めば、あなたの転職をサポートするのにピッタリな転職サービスがわかるでしょう。

石峰朱実石峰朱実

転職をしたいと思っても、どのように動いていけばいいのか、わからないことも多く、無事転職できるだろうかと、不安に思う方も多いと思います。
最近では、転職によってスキルアップする、より自分の望む働き方を手に入れる、という転職を前向きに考える傾向になり、それをサポートするサービスも充実している時代です。
その情報を得ることも情報収集能力の一つだと言えるのではないでしょうか。有効な利用方法を知り、転職活動を円滑に進めていくための参考にしてください。

転職エージェントと転職サイトの違い比較表

転職エージェントと転職サイトのどちらが良いか迷う男性

転職エージェントと転職サイト、それぞれの機能として得意なところと不得意なところがあります。

まずはひと目で転職エージェントと転職サイトの違いがわかるよう、比較表を作ってみたので、参考にしてください。

転職エージェント 転職サイト
気軽さ 緑の三角相談する日時の調整が必要 赤の二重丸いつでもどこでも調べられる
求人数 ピンクの丸エージェントが厳選した企業に限られる 赤の二重丸多くの企業が比較的自由に登録できる
サポート 赤の二重丸コンサルタントによるサポートあり 緑の三角主に求人情報や転職関連情報の提供のみ
自由に応募できる ピンクの丸適性に合った企業を紹介してもらえる 赤の二重丸自分が気になった企業に応募できる
企業との調整 赤の二重丸エージェントが行ってくれる 緑の三角自分で調整する
企業情報 赤の二重丸詳しい企業情報を保有している ピンクの丸求人情報から簡単な企業情報がわかる
転職後の継続 赤の二重丸適性に合う企業と出会えて転職後の失敗を避けられる 緑の三角自己判断での転職は転職後の失敗リスクが高い

転職サイトは、求人を閲覧するだけのために利用したり、ふと気に入った求人があればすぐに応募できたりと、自由度の高さがメリットといえます。

ただすべて自分主体で活動する必要があるので、「できるだけ早く転職先を見つけたい」「適性にあった企業を探したい」という場合は、より積極的なサポートが受けられる転職エージェントの利用がオススメです。

これから転職エージェントと転職サイトの特徴を詳しく紹介するので、あなたが求めるサービスが受けられるのはどちらなのか、確かめてみましょう。

転職エージェントの特徴6つ

まずは転職エージェントの特徴から紹介します。

転職エージェントは求職者の適性に合った求人を提案し、企業との架け橋となるのが仕事ですから、積極的に転職先を探している人にオススメのサービスです。

転職エージェントの特徴は以下の6つあります。

転職エージェントの特徴

  1. エージェントのアドバイスを受けながら仕事を探せる
  2. 企業との調整は転職エージェントが代行
  3. 社風など企業情報が得られる
  4. 非公開求人に応募できる
  5. 面接対策や履歴書の添削にも対応している
  6. 転職エージェント経由で再就職した人の退職率は低め

1. エージェントのアドバイスを受けながら仕事を探せる

エージェントと求職者の男性

転職エージェントの一番の特徴は、直接エージェントの担当コンサルタントと面談をし、アドバイスを受けながら仕事を探せることです。

転職活動中は、「自分に向いている仕事が何かわからない」「理想に近い企業がなかなかみつからない」など悩みは尽きません。

そんなときに、親身になって相談にのってくれるアドバイザーの存在は、大変心強いものです。

転職エージェントの利用料金は無料で、相談から入社後のフォローまで行ってくれるので、ぜひ利用したいサービスと言えます。

2. 企業との調整は転職エージェントが代行

転職エージェントを通して転職活動をする場合、企業とのやりとりはすべてエージェントの担当コンサルタントが代行してくれます。

具体的なやりとりは、以下のとおりです。

転職エージェントを通した企業とのやりとり

  • 面接日の設定
  • 面接結果の通知
  • 給与交渉
  • 入社日の設定

とくに給与交渉を企業と直接行うのは、求職者からするととても難しいですよね。

エージェントへなら、希望する給与額を伝えやすいですから、現在の給料額よりも高い会社に転職を希望するなら、転職エージェントの利用をオススメします。

たとえ大幅な給与アップにつながらなくても、転職後に「給与交渉しておけばよかった……。」という後悔はなくなるでしょう。

3. 社風など企業情報が得られる

転職サイトや企業の公式ホームページでも、応募する企業の理念や求める人材などがわかります。

ただ労働環境や職場の雰囲気については、実際に働いてみないとわからない部分もありますよね。

転職エージェントは、紹介する企業へのヒアリングを行っているため、公式サイトからはわからない情報を知ることができます。

とくにフリーターや既卒向けの転職エージェント「JAIC(ジェイック)」は、スタッフが直接会社に足を運んで、厳しくチェックを行い、審査基準を満たした企業のみを紹介するという徹底ぶり。

「転職先の労働環境が合わなかったらどうしよう……。」と不安があるなら、転職エージェントで相談する方が安心といえます。

4. 非公開求人に応募できる

世に出ている求人はすべて、企業の公式ホームページや求人サイトに掲載されていると思っている人も多いのではないでしょうか。

じつは、求人サイトに掲載されない「非公開求人」というものがあります。

そしてその非公開求人を数多く抱えているのが、転職エージェントです。

「人材が必要なのに、なんでわざわざ非公開にするの?」と思う人もいるかもしれませんね。

企業が非公開求人を転職エージェントに登録する理由は、不特定多数の人に求人を出すよりも、エージェントに依頼し、適性に合った人材とマッチングしてもらう方が、必要な人材を採用するまでにかかる時間やコストを削減できるからです。

求人サイトで転職先を探していたけれど、なかなか希望に沿った企業が見つからないという人は、一度転職エージェントに相談してみましょう。

求人サイトでは見つけられなかった企業と出会えるかもしれません。

5. 面接対策や履歴書の添削にも対応している

転職エージェントでは、求人の紹介や企業とのやりとりだけでなく、転職成功のための面接対策や履歴書の添削にも対応しています。

転職エージェントが紹介してくれた企業であったとしても、100%面接に通るとは限りません。

ですから少しでも面接通過の可能性を上げるため、面接対策や履歴書の添削など、採用につながるよう徹底的にサポートしてくれるのです。

長年多くの人の転職サポートを行っている転職エージェントなら、書類選考や面接のノウハウをもっていますから、安心して相談できますね。

6. 転職後のアフターフォローがある

転職エージェントは、転職後のフォロー体制が充実しています。

転職後にもし悩みが出てきたら、相談に応じてくれますし、数カ月はエージェント側から様子を伺うところもあります。

転職してから、会社に馴染むまでに不安なこともあるでしょうから、転職後も相談にのってくれる人がいるというだけで、心強いですよね。

転職サイトの特徴4つ

次に、転職サイトの特徴を4つ紹介したいと思います。

転職サイトは転職エージェントと違い、自分で求人を探して、気に入った企業があれば、自分で応募できるサービスです。

転職サイトの特徴は以下の4つあります。

転職サイトの特徴

  1. いつでも気軽に求人情報が得られる
  2. 気になる求人に自由に応募できる
  3. 転職活動に役立つコンテンツが充実している
  4. スカウト機能やメールで適性に合った仕事を紹介してくれる

1. いつでも気軽に求人情報が得られる

パソコンで作業する男性

転職サイトには、数多くの求人情報が掲載されており、移動中や休憩時の空き時間など、スマホやパソコンから24時間いつでも求人情報を閲覧できます。

求人に応募する場合は、会員登録が必要な場合がほとんどですが、求人を見るだけなら、会員登録をしなくても閲覧できる転職サイトもあるので、気軽に利用できるのが特徴です。

転職エージェントを利用する場合はまず申し込みをし、エージェントとの面談が必要となりますから、転職意思が強く、しっかりとサポートを受けたい人向けのサービスと言えます。

ただ現在在職中で、まだ転職するかどうか迷っている段階では、なかなか利用しにくいかと思います。

そんな人は、手軽に求人情報が閲覧できる転職サイトの方が使いやすいと感じるかもしれません。

基本的には無料で利用できますから、どんな求人があるか見てみたいという人は、転職サイトを利用するとよいでしょう。

2. 気になる求人に自由に応募できる

転職サイトなら、経験やスキルに関係なく、「応募してみたい」と感じた企業に自由に応募できます。

転職エージェントの場合は転職を成功させるために、できるだけあなたのスキルが活かせて、適性にあう仕事を紹介するため、場合によっては未経験の仕事を紹介してもらえない可能性もあります。

ですからやりたい仕事が明確に決まっていて、自分が気になる企業にチャレンジしたいと思うのであれば、転職サイトから求人に申し込むとよいでしょう。

3. 転職活動に役立つコンテンツが充実している

各転職サイトにはひとりでも転職活動が進められるように、以下のようなノウハウを記した読み物がたくさんあります。

転職サイトの有益なコンテンツ

  • 転職の準備
  • 職務経歴書・履歴書の書き方(サンプル)
  • 求人票の見方
  • 面接時の基本マナー
  • 退職準備

自分のペースで転職活動を進めたいなら、こういったコンテンツを活用しながら進めていくとよいでしょう。

4. スカウト機能やメールで適正に合った仕事を紹介してくれる

転職サイトは転職エージェントと違って、転職活動をすべて自分で行う必要があると紹介しましたが、最近の転職サイトは会員登録することであなたに合った企業を選んで提案してくれるところもあります。

会員登録の際に、現在の職業や転職希望の職種などを入力しておけば、その情報に沿った求人情報をメール等で通知してくれるのです。

会員登録は少し手間に感じるかもしれませんが、転職先の条件をくわしく入力しておけば、よりあなたの理想に近い求人を提案してくれますよ。

また転職サイトの便利な機能が、企業からのスカウト機能(オファー機能)です。

あなたが登録した情報を企業が見て、応募条件に満たしていると評価された場合に、企業から直接スカウトが届きます。

たとえば、転職サイト「リクナビNEXT」はスカウト機能(オファー)が充実しています。

  • 求人掲載企業からのオファー

    掲載中の求人や説明会の告知情報。スカウト機能というよりも、オススメ求人の紹介に近い。

  • 転職エージェントからのオファー

    あなたが登録した情報を見た転職エージェントから届く個別面談のオファー。
    転職エージェントとの面談を通して、紹介求人の詳細説明を受けられる。

  • 転職エージェントが取り扱う企業からのオファー

    あなたが登録した情報を見た企業から届くオファー。「面接確約」など特典つきのオファーもある。

オファーによっては、書類選考免除などの特典もあるので、企業からのアプローチを希望するなら、スカウト機能が充実した転職サイトを利用するとよいでしょう。

※スカウト機能から応募したからといって、必ずしも採用になるとは限りません。

転職エージェントと転職サイト両方使うのがオススメ

転職エージェントと転職サイトの違いや特徴を紹介しました。

ここまでしっかりと読んでくださった方の中には、「転職エージェントと転職サイトの特徴はわかったけど、結局自分にどちらが合っているかわからない」と思う人もいるかもしれません。

そこで、転職エージェントの利用がオススメな人と、転職サイトの利用がオススメな人を以下にまとめました。

転職エージェントの利用がオススメな人
  • キャリアが豊富でスキルや経験を活かした転職がしたい人
  • 転職活動が初めてでなにから始めるべきかわからない人
  • 適性に合った仕事がなにかわからない人
  • 書類選考や面接のサポートを受けたい人
  • 在職しながらでも着実に転職活動を進めたい人
  • 年収アップの転職がしたい人
転職サイトの利用がオススメな人
  • マイペースに仕事を探したい人
  • 未経験の仕事でも積極的にチャレンジしたい人
  • 転職エージェントに登録したが、なかなか紹介がなかった人

転職サイトの利用がオススメな人の中に、「転職エージェントに登録したが、なかなか紹介がなかった人」があります。

とても便利な転職エージェントですが、エージェントに申し込みをすれば誰でもサポートが受けられるわけではないのです。

登録した時点で、あなたのスキルや経験に合う企業がない場合は、転職エージェントからの紹介が難しくなります。

連絡が来ず落胆する男性

転職エージェントから紹介がなかった人は、他の転職エージェントにも複数登録をする、あるいは転職サイトやハローワーク等で仕事を探すようにしましょう。

転職エージェントを利用する人は、転職エージェントのサービスを受けつつ、転職サイトで仕事を探すのも効率的でオススメです。

転職エージェントを利用したからといって、必ずしも紹介してもらった企業に転職する必要はありませんから、両方のサービスを利用して、あなたの理想に近い転職を目指しましょう。

これから転職エージェントまたは転職サイトに登録するなら、求人情報が豊富な大手の転職サイトや転職エージェントが申し込みやすいと思います。

ここでは人気のdoda(転職エージェント)とリクナビNEXT(転職サイト)を紹介するので、参考にしてください。

転職エージェントなら「doda」

doda公式サイト

dodaはパーソルキャリアが運営する転職エージェントで、幅広い職種の求人情報を保有した大手転職エージェントです。

これまでのスキルや経験を活かした職業に就きたいなら、職業特化型のエージェントもよいですが、これから自分にあった仕事を探したいなら、さまざまな職種が揃ったエージェントに相談することをオススメします。

キャリアカウンセリングは、以下のエリアで随時行われています。全国に主要都市に拠点があるのも、利用しやすいポイントです。

エリア 都市
北海道 札幌
東北 仙台
関東 東京、横浜
中部 静岡、名古屋
近畿 大阪、京都、神戸
中国 岡山、広島
九州 九州

※ カウンセリング実施時間平日9時~20時30分開始、土曜日10時~18時30分開始(90分)

※ 2021年8月現在はオンラインや電話をメインに実施

「doda」の無料カウンセリングはこちら

転職サイトなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXTのトップ画像

転職サイトもたくさんあって迷ってしまうと思います。

そんなときは、リクルートホールディングスが運営するリクナビNEXTがオススメ。

リクナビNEXTは転職サイトでありながら、リクルート転職エージェントや企業からのオファー機能があり、転職サイトと転職エージェントの両方のサービスが受けられます。

サイトはとてもシンプルで見やすく、職種や勤務地、働き方など条件を絞って仕事が検索できます。

とくに「女性の転職」や「第二新卒」などテーマを絞った求人特集のページは、テーマに合わせて更に仕事が探しやすい構成になっているので、ぜひチェックしてみてください。

「リクナビNEXT」に相談する

【まとめ】転職エージェントと転職サイトの違いは相談相手の存在

少し前までは、自分に合った仕事を提案してもらうには、転職エージェントに登録するしかありませんでした。

ところが最近では、転職サイトでも多くの求人情報の中からそれぞれに合った仕事を提案してくれるので、エージェントに近いサービスとなっています。

ですから転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、「人」の存在ではないかと思います。

やはり、困ったときに相談できる人がいるのは、転職活動をするうえでとても心強いものです。

まわりに転職のことを相談できる人がいないのであれば、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの使い方については「転職エージェントの賢い使い方」の記事も参考にしてください。

監修者:石峰朱実(キャリア・コンサルタント)
石峰朱実
各種学校、公共事業にて主に就職支援を担当。また転職エージェントでの面接指導にもあたっており、人材業界での10年の勤務経験も含め、就転職支援では20年超のキャリア。>>詳細はこちら