ビズノート

ビズノートは就活や転職の成功ノウハウを分かりやすく伝えるビジネスハックメディア

第二新卒のための職務経歴書の書き方!志望動機や自己PRの書き方を見本付きで解説

第二新卒の方向けの職務経歴書の書き方を見本(サンプル)とともに紹介します。入社して3年未満で会社を辞めてしまったというような、職歴の浅い第二新卒の人も転職の際には履歴書と職務経歴書が必要です。職務経歴書には決まった形式がありませんが、今までの職務経歴のほか、志望動機や自己PRを書くものがポピュラーです。仕事の経験が少なく、スキルに自信のない第二新卒は、志望動機や自己PR欄から採用してもよい人物かどうかを判断されるので、書く内容は十分に考えましょう。
第二新卒にオススメの転職サイト

第二新卒にオススメの転職サイト5社まとめ!転職サイトの活用法も紹介

大学卒業後、いったんは就職したけれど退職してしまった第二新卒のあなた。「今度こそいい会社に就職したい」ですよね。転職の失敗を防ぐには、多くの選択肢の中からあなたに合った会社を選ぶこと。第二新卒の求人が豊富な第二新卒特化型の転職サイトと並行して、圧倒的な求人件数が魅力の大手転職サイトを利用するとよいでしょう。転職サイトは、転職活動の疑問や不安が解消できるコンテンツも豊富で、これらを活用することでマイペースに転職活動を進められます。また、転職サイトの中には、転職のプロがついて転職活動をサポートしてくれるものもあります。転職サイトの機能を活用して、就活の失敗を取り返しましょう。
就活の軸とは?

「就活の軸」とは?就活成功者が実践した就活の軸の見つけ方や面接での伝え方を紹介

「就活の軸とは?」「就活の軸ってどうやって見つけるの?」「就活の軸を面接で聞かれたときの答え方って?」就活の軸の見つけ方や、面接での答え方がわからずに、困ってしまっている人はいませんか?この記事では、そんな人たちに向けて、就活の軸の定義、就活の軸を問われる理由、その作り方、例文一覧、ESや面接での答え方について徹底的に解説していきます。19卒就活生の実体験も交えていますので、是非参考にしてください。
第二新卒にオススメの転職エージェント

第二新卒にオススメの転職エージェント5社まとめ!転職エージェントの活用法も紹介

大学卒業後、いったんは就職したけれど退職してしまった第二新卒。「今度こそいい会社に就職したい」ですよね。転職の失敗を防ぐには、「退職理由」と「転職の目的」を明確にすること。ひとりで転職活動を行うと、「自分ではわかっているつもりだが実は転職の目的があやふや」で転職の軸が定まらず、似たような失敗を繰り返すことがあります。そのため、第二新卒の転職活動には適切なアドバイザーが必要です。そのアドバイザー役をしてくれるのが、転職エージェント。第二新卒の転職サポート経験の豊富な転職エージェントを利用して、就活の失敗を取り返しましょう。第二新卒に特化した転職エージェントと大手の転職エージェントを両方利用するのがオススメです。
後悔しないUターン転職のやり方

後悔しないUターン転職の方法!Uターン転職のスケジュールや転職活動の進め方を解説

Uターン転職は通常の転職と違い、遠隔地での面接や引っ越しの作業が伴うため、何から手を付けたらよいかわからない人も多いのではないでしょうか。後悔しないUターン転職をしたいならまず、再就職先を探すことから始めるのが正解です。地方の求人は、求人サイトやハローワーク、転職フェアや転職エージェントから探すことができます。求人はもちろん地域の住環境に関して、なるべくたくさんの情報を集めることがUターン転職成功のカギです。今回はUターン転職のスケジュールや転職活動の方法・進め方を紹介します。
Uターン転職のメリットとデメリット

Uターン転職のメリットとデメリットを紹介!後悔しないUターン転職のコツとは?

Uターン転職とは、地方で生まれ育った人が都会で働いた後、結婚や親の介護を機に地元へ戻って働くこと。都会でのキャリアを捨て、いちから地元で出直すことに不安を感じる人は多いようです。まずは、Uターン転職のメリットとデメリットを把握して、本当にUターン転職してもいいか、気持ちを固めましょう。Uターン転職することが決まっている人は、デメリットに対する対策を立てておくと不安は解消されます。在職中に転職先を探すのがよいですが、辞めてからの場合、地元の求人や企業情報が豊富な転職エージェントを利用しながら転職活動を進めるのが効率的でオススメです。
就活における志望動機の書き方

就活における志望動機の書き方とは?ESや面接で志望動機を伝えるときの注意点も解説

「志望動機の書き方がわからない…誰か教えてくれ~!」志望動機の書き方がわからずに苦しむ就活生は多いですが、「志望動機」はESや面接で頻出の質問なので、この質問から逃れることはできません。そこで、悩める就活生に向けて、志望動機を書く前の事前準備、志望動機の書き方(フレームワーク)、ESや面接で答えるときの注意点を解説します。また、4社内定の就活生が実際に使っていた例文も掲載しているので、合わせてご覧ください。
退職届・退職願の書き方と提出までの流れ

退職届・退職願の正しい書き方と提出までの流れ(退職届と封筒の書き方テンプレート)

会社を辞める際に必要な退職届。労働基準法によると、会社を辞める際に退職届提出の義務はありませんが、就労規則で退職届の提出が義務となっている企業も多くあります。退職の報告から退職届の提出まで、きちんとしたフローで行うのが円満退職のポイント。今回は、退職届・退職願の書き方と提出までの流れを紹介します。
人間関係を理由に会社を辞める

人間関係を理由に会社を辞める人は多い?会社の人間関係がうまくいかないときの対処法

社内の人間関係を理由に会社を辞めることは、珍しいことではありませんし、悪いことでもありません。ただ、会社を辞めるのは仕方がない状況と、辞めなくても解決できる状況があるので退職を決める前に状況の見極めを行いましょう。人間関係悪化の原因が自分ではなく、上司や先輩、同僚や部下である場合は転職を。転職先でも人間関係で悩まされるのでは?と不安な人は、転職エージェントを利用して職場環境のいい企業へ転職することをオススメします。

IT・エンジニアの転職に成功する履歴書の書き方!効果的な志望動機の書き方とは?

IT企業への転職を考えているプログラマーやSEの皆さん、技術と経験さえあれば、履歴書なんて重要じゃないと思っていませんか?エンジニアの方でも、人間性は必ず見られています。履歴書は求職者の人柄を最初に見ることができる大事な資料です。IT企業の転職に効果的な履歴書の書き方をマスターして、転職成功を目指しましょう。IT企業に提出する履歴書は、企業によって志望動機やアピール内容が異なるため、その都度内容を変えて書くのがマナー。IT業界の転職では、志望動機や自己アピールが他の応募者と差をつけるポイントとなります。仕事内容や成績など、必要であれば具体的な数字・データを用いてできるだけ具体的に書くと、求職者のイメージがより明確になり、書類選考突破率は上がります。履歴書を書くのが苦手、という人は、転職のプロが履歴書の添削をしてくれるIT企業に強い転職エージェントを利用するとよいでしょう。