35歳以上の転職事情や転職成功のポイントを紹介

「35歳を過ぎているから転職するのは不安…でも転職したい!」

「35歳以上の転職は本当に厳しいの?」

35歳以上の転職は厳しいと感じつつ、それでも今より満足できる会社に転職したいと思いますよね。

たしかに20代の転職と同じ方法で転職活動をしても、理想的な再就職先は見つからないかもしれません。

キャリアに自信があるならまだしも、キャリアに自信がない人は「どこも雇ってくれないんじゃないか」と不安を感じているのではないでしょうか?

ですが「経験を積んだベテランの人材がほしい」という企業があれば、「やる気さえあれば年齢なんて関係ない」という企業もあります。

求職者と企業側のニーズが合えば、35歳を過ぎていても転職に成功することができるでしょう。

今回は35歳以上で転職を考えている方が、転職活動をするときに意識するポイントをまとめました。

35歳以上の転職者の実態や、転職成功のコツも紹介しているので是非参考にしてください。

今すぐ転職のアドバイスが必要!という方はこちら。

リクルートエージェントに相談する

35歳以上の転職は厳しい?データから見る35歳以上の転職難易度

顎に手を当てて考え込む会社員の男性

「35歳転職限界説」「転職は30歳までに」という言葉があるように、35歳以上の転職は難しいと考えている人が多いようです。

では本当に厳しいかどうかを、「転職にかかる期間」「年収アップの割合」「転職満足度」「求人の特徴」といった4つの観点から見てみましょう。

転職活動の期間は年齢を重ねるごとに長引く

あなたの予想通り、若い世代のほうが早く再就職先を見つけています。

年代別に就職活動にかかる期間をアンケート調査した結果は以下の通り。

転職活動の期間 30代 40代 50代
1~2カ月 22% 16% 16%
3カ月 38% 27% 23%
半年 22% 32% 33%

※参照)enミドルの転職

30代は3カ月以内に再就職先を決める人が多いですが、40代以降では次の仕事が決まるまでに半年ほどかかることがわかります。

なぜ年を追うごとに転職活動の期間が長引くのかというと、求職者側は「転職に失敗したくない」「今までのキャリアをムダにしたくないから妥協できない」などの思いが強く、応募する企業の選択に時間がかかるから。

また採用する側も、35歳以上の求人は役職者の選定であることが多く、決断するのに時間がかかるという事情があります。

以上のことから、35歳以上で再就職先を探すのは若い世代に比べて時間がかかるとはいえ、仕事がないからではないので安心して挑戦しましょう。

35歳以上の転職で年収アップする人は多い

今の会社の給料面が不満で、転職を考えている人もいるかもしれませんね。

実は35歳以上の転職で、年収アップに成功している人はたくさんいます。

厚生労働省の平成29年雇用動向調査結果の概要によると、35歳~39歳の方で転職後に年収が増えた人は48.2%もいることがわかりました。

30~34歳 35~39歳 40歳~44歳
増加 41.9%
1割以上増加24.8%
1割未満増加17.1%
48.2%
1割以上の増加34.2%
1割未満の増加14%
37.1%
1割以上増加28.5%
1割未満増加8.6%
変わらない 26.9% 24.1% 34.8%
減少 29.8%
1割未満減少7.7%
1割以上減少22.1%
26.2%
1割未満の減少7%
1割以上の減少19.1%
27%
1割未満減少10%
1割以上減少17%

これは35歳位以上の転職になると、経験を生かしてよりレベルの高いハイクラスの転職をする人がいるからだと考えられます。

またデータを見ると、年収が減る人よりも年収が増える人の方が多いこともわかります。

35歳以上の方だと、養う家族がいる人も多いので、年収が下がる会社への転職を避ける人が多いのでしょう。

ちなみに年収アップの内訳は、基本給が上がったという方がほとんどで、賞与(ボーナス)がアップしたという方も多くいることもわかっています。

35歳以上の転職でも、年収アップは十分可能であると考えていいでしょう。

35歳以上の転職では再就職先の会社に満足していない人も多い

せっかく転職したのに、前の会社のほうがよかった!ということになってしまっては台無しです。

転職の満足度は大事なポイント。

ですが、35歳以上の転職では、転職先の会社に満足していない人もたくさんいるようです。

下の表は、年収別に「転職先の会社は期待通りだったか」について調査したもの。

年収500~799万円 年収800~999万円 年収1000万円以上
期待をやや上回る 9% 16% 10%
期待通り 16% 24% 24%
期待をやや下回る 35% 29% 32%
期待を大きく下回る 35% 25% 26%

※参照)enミドルの転職

年収500~799万円の層で「期待を下回る」と思っている人が多いことがわかります。

期待を下回ると感じた理由の内訳は、主に給料や残業時間に対して不満があるようで、仕事内容には満足している人が多いのが特徴です。

年収が高いほど転職後の「給料・年収」「福利厚生の充実度」「休日出勤の量」など、お金や労働環境の満足度を得やすいこともわかっています。

35歳以上の転職では再就職先の企業が期待通りでないことも多く、年収によってそれぞれが不満に思っていることが異なるようです。

35歳以上の求人は20代の求人に比べて少ない

カジュアルな会社で楽しそうに仕事をする若者

35歳以上の求人は他の年代より絶対数が少なく、大企業の求人があまりないという特徴があります。

求人の絶対数が少ない

35歳以上(とくに40代以降)は、役職者の求人がメインです。

営業20人に対して管理者は1人など、プレイヤーに対するまとめ役は少ないもの。

よって、求人数も少ないのです。

営業のプレイヤーなら、40代より20代のほうが扱いやすいし長く働けると考える企業がほとんどなので、営業職としての転職は20代に比べると不利だと思われます。

大企業の求人が少ない

大企業は年功序列型であることが多く、待遇もいいことから社員の入れ替わりがゆるやか。

空きがないほかに、企業の体質が安定志向なため外から来たバリバリ働く人を好まない企業も多く、35歳以上を求める大企業は少ないようです。

35歳以上で転職するなら優良な中小企業や外資系企業、ベンチャー企業を狙うとよいでしょう。

坂本 勇治

やはり35歳以上の転職は難しいということでしょうか?

池上 彰子

必ずしも難しいとはいえないと思います。
転職活動にかかる期間は、若い世代に比べて長いですが、それは求職者が慎重に行動していることも要因のひとつなので、転職が困難というわけではありません。
転職して年収が上がる人もいますし、満足度の高い転職をしている人もいますよね。

古閑 美貴

でも、誰もが納得のいく転職ができるわけではないですよね?
35歳以上で満足度の高い転職をするにはどうしたらいいのでしょう?

池上 彰子

転職成功のポイントは、転職の目的を明確にすることです。
以下で詳しく紹介しましょう。

35歳以上の転職で理想的な転職先を探す3つのステップ

35歳以上の方が満足度の高い転職をするには、転職の目的を明確にすることが大切です。

転職の目的をはっきりさせることで、自分が本当に求める働き方に気づくことができるからです。

これは再就職先を選ぶに当たってとても大切なことで、転職の目的が曖昧なままだと転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうかもしれません。

転職の目的を明確にする3ステップを紹介しましょう。

1. 今抱えている不満を具体的に表す

あなたが会社を辞めたいと思う理由はなんですか?

  • 土曜日と祝日の休みがない
  • 直属の上司と気が合わない

このようになるべく具体的に、原因となる要素を挙げていきましょう。

ちなみに30代では給料や勤務時間、休日・休暇などの待遇面が不満で転職を考える人が多い反面、「キャリアアップしたい」「仕事の幅を広げたい」などの前向きな目的で転職を希望する人も多くいます。

40代以降では「会社の考えが合わない」「自分の能力を試したい」など待遇面よりは仕事内容の不満で退職する人が多いよう。

さらにリストラ、事業縮小による会社都合、早期退職の催促などやむを得ない事情で転職を余儀なくされた人も少なくないようです。

2. 転職先の企業で実現したいことは何かをリストアップする

  • 管理職より現場の仕事が好きだから専門性を高めたい
  • 自分が成長できる企業で働きたい
  • 社会的・経済的な安定がほしい

このように、転職先の企業に求めるものは何かを考えます。

条件は複数あっても大丈夫です。

できるだけたくさんの要素を具体的に箇条書きで挙げてみましょう。

3. 転職先の企業で実現したいことを絞り込む

転職先の企業で実現したいことや転職先の企業に求めることを全てリストアップできたら、優先順位をつけましょう。

この作業をする理由は、35歳以上の転職でこだわりが多いと該当する企業がなかなか見つからず、転職できない可能性があるから。

どうしても実現したい条件は、思い切ってひとつだけにしぼるのがポイントです。

それ以外は「できれば条件のひとつとしてこだわりたい」「実現できなくてもあきらめる」ものに選別します。

キャリアに自信のある人は条件が複数あっても実現できる可能性が高いですが、キャリアに自信のない人はこだわりをシンプルにするほうが、満足度の高い転職ができます。

転職は少し待ったほうがいい35歳以上の人の特徴と対処法

転職の目的を考えたとき明確な事柄が思い浮かばなかった人は、転職は時期尚早かもしれません。

35歳を過ぎると、次の転職先が見つからないのではないかとつい焦ってしまいますよね。

だからといって衝動的に会社を辞めたり、適当に転職先を決めるのは禁物。

「今の会社は辞めたい!でも特別やりたい仕事もない」「やりたい仕事ができていない」と感じている人は、勢いで転職するのではなく少し立ち止まって考えてみましょう。

今の会社は辞めたい!でも特別やりたい仕事もない

「今の会社が辞めてとにかく転職したい」と漠然と転職を考えていたり、「とりあえず転職したら、今よりいい職場で仕事できるかな~」と転職することで何かが変わると思っている人は転職を待ったほうがよさそうです。

やりたい仕事や目標を明確にして転職先を決めないと、転職先の会社で不満が生じた時に踏ん張ることができず、結局また会社を止めることになるかもしれません。

会社はやめたいけど転職についてまだ深く考えられていないという方は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

転職エージェントでは無料のキャリアカウンセリングを行っており、専任のスタッフが転職に関するさまざまな相談に応じてくれます。

そして専任のスタッフと相談しながら、本格的なキャリアプランを立ててみましょう。

専任のスタッフは相談者にピッタリのお仕事を探すために、キャリアに関する質問をすると思うので、その質問に正直に答えてください。

それだけで自然とキャリアの棚卸しができ、自分ができることやこれからやりたいことが見えてくるでしょう。

リクルートエージェントに相談する

今の会社でやりたいことができていないと感じる

「今の会社に強い不満があるわけではないが、やりたいことがあるので年齢を考えると転職をするなら今しかないのでは?」と焦りを感じている人も転職は少し待ったほうがいいでしょう。

「強い不満があるわけではない」ところが、転職を待ったほうがいいポイント。

やりたいことが今までのあなたの仕事をより発展させて、必ず利益が生じると確信している場合はキャリアップの転職が期待できます。

ですが今までの仕事と関係がない仕事や、だれでもできるような仕事に転職したいと考えている場合は35歳以上という年齢を無視してはいけません。

同じスキルをもった20代の人と40代の人がいたら、雇用する側は若い人を選びます。

やりたい仕事をするために今の会社を辞めて、もし転職に失敗してしまったら20代で転職失敗するよりも打撃が大きいです。

今の会社に不満はないけど自分のやりたい仕事が別にあるなら、会社に通ったまま副業として始めてみることをオススメします。

今の仕事との両立を心配する人もいるかもしれませんが、もし新しく始めたい仕事が本当にやりたいことなら、どんなに忙しくても時間をみつけてやろうとするはず。

もし両立ができないのであれば、転職しても大成はできないかもしれませんよ。

あなたの本心を確かめるためにも「今の会社では語学力が生かせない」「会社を辞めて文章を書く仕事に挑戦したい」と思っている人は、まず副業で試してから将来を決めるといいでしょう。

35歳以上でキャリアに自信がある人が転職を成功させるポイント2つ

他の社員に頼られる会社員の男性

キャリアのある人は年齢に関わらず、企業から引く手あまたで転職活動は楽勝なイメージです。

ですが「仕事が忙しくて転職活動の時間が取れない」「管理職等キャリア向けの求人が少ない」など、キャリアのある人ならではの転職活動の悩みがあります。

ここではキャリアアップの転職を、より効率よく進めるポイントを2つご紹介します。

1. 転職活動の時間がとれない人は転職サイトのスカウト機能を活用する

仕事が忙しくて転職活動をする時間がない人は、転職サイトのスカウト機能を活用するとよいでしょう。

キャリアに自信のある人にオススメの転職サイトは、ハイクラスな求人を多く扱っているビズリーチです。

ビズリーチではハイクラスな求人を多数扱っているため、通常の転職サイトにはない国内外の優良企業からのスカウトや、管理職のスカウトなどが期待できます。

職務経歴書を記載するだけで企業はもちろん、ヘッドハンターからスカウトが届くしくみなので自分で求人を探す手間が省け、忙しい人にぴったり。

スカウトを待つだけの受信のみが可能な無料会員のほかに、気になる企業に自ら応募できる有料のプレミアム会員(タレント会員30日間2,980円、ハイクラス会員30日間4,980円いずれも税抜き)があります。

2. キャリア向けの転職エージェントを利用する

「キャリア向けの仕事が少ない」と感じている人は、ハイキャリアに強い転職エージェントの利用をオススメします。

オススメは外資系企業のキャリア転職にも強い、ロバートウォルターズ

もともとは1985年にイギリス・ロンドンで設立されたスペシャリスト人材派遣会社で、日本では主に外資系や日系グローバル企業で英語を活かせる仕事への転職(正社員や契約社員)をサポートしています。

外資系企業の転職の知識が豊富で、採用後までしっかりフォローしてくれ、「キャリアに自信はあるけれど外資系企業は初めて」という人の強い味方になってくれますよ。

もちろん外資系企業以外にも製造業、IT、金融、小売、ヘルスケア、自動車、エネルギー、化学、不動産などいろんな企業の求人を取り扱っています。

35歳以上でキャリアに自信がない人が転職を成功させるポイント3つ

仕事がつらそうな会社員の男性

「35歳以上でマネジメントのような優れた経歴がなく、キャリアにそれほど自信がない」という人も転職をあきらめるべきではありません。

転職活動を工夫して行うことで、満足度の高い転職を実現することができます。

1. 職種替えはNGだが業界を替えて働くのはOK

30代後半より年上の人は同じ職種で転職するようにしましょう。

「マネジメント経験」のような自慢できる実績がなくても、初めて職種に就く人よりはできることが多いため「即戦力」としてみてもらえます。

営業職から総務などバックヤードへの転職は難しいですが、メーカーの営業からIT企業の営業といったように業界を替えての転職は成功する可能性が高いでしょう。

雰囲気を替えて働きたい、これから先も需要の多い業界で働きたい人にオススメの転職方法です。

2. 人手が足りていない業界へ転職する

人手が足りていない業界で働くのも、キャリアに自信がない人が転職する方法のひとつです。

宿泊業や飲食サービス業、建設業、生活関連サービス業や娯楽業は欠員率が高く常に人手不足の状態。

とくに建設業界は、2020年の東京オリンピックに向けて需要が増えています。

その反面東京オリンピック後の失業率の高さも予想されていますが、現在の仕事のスキルを生かして業界替えの転職を行えば、東京オリンピック後もリストラされない「戦力」として重宝されるでしょう。

3. 転職のプロに相談しながら転職先を探す

35歳以上でキャリアに自信のない人には、転職のプロが転職の相談から再就職までをサポートしてくれる転職エージェントの利用がオススメです。

「仕事の実績もないしアピールできることがない」という悩みは、カウンセリングで解決。

カウンセリングで行われるキャリアの棚卸しから、客観的に見た自分の強みやアピールポイントがわかります。

また「管理職クラスの求人には応募できない」「営業職は長期勤続のよるキャリア形成をはかるためという理由で年齢制限されている」など応募できる求人が少ないと感じている人にも、転職エージェントはぜひ利用してほしいところです。

それは転職エージェントは、求人サイトに掲載されない非公開求人を保有しているから。

求人サイトに掲載されていないので、ライバルが少ないのはもちろん、企業が提示する条件に見合った人のみに応募の案内がされるため、双方のマッチング度が高く採用される確率が高いというメリットがあります。

このほか、応募書類の添削や模擬面接も対応。

さまざまなサービスで、再就職までしっかりサポートしてもらえます。

オススメの転職エージェントは、求人の保有数が多く、年齢や経験、居住地域に関わらず幅広い層の人が利用できる、DODAエージェントと、リクルートエージェント

IT・web業界の転職は、一般的な転職エージェントよりIT・web系のエンジニアやデザイナーの求人が豊富なレバテック・キャリアがオススメです。

キャリアに自信があってもなくても工夫次第で35歳以上の転職はできる

35歳以上の転職は、求人数が少なく企業への売り込みに工夫がいることから、転職のプロの手を借りるのが転職成功のポイント。

35歳以上でキャリアのある人は、管理職クラスの求人が豊富でスカウト機能が充実していて、仕事が忙しくても転職活動が可能な転職サイトを利用すると、効率よく再就職先が見つかります。

35歳以上でキャリアに自信のない人は、転職の目的を明確にし、条件をシンプルにすることで満足度の高い転職を実現。

また売り込み方が大事なので、転職エージェントなど転職のプロに相談しながら転職活動を進めるとよいでしょう。